カテゴリー「地域活動」の1件の記事

2018年2月11日 (日)

2018年2月10日(土)第10回旭川地域生活研究会報告

 昨日、2月10日、旭川市「オピッタ」で、第10回旭川地域生活研究会がありました。
  参加者は、水泳クラブで活動する高等養護学校卒業生4名、親2名、特別支援学級担当者3名、高齢者1名、合計10名でした。夜はほぼ同じメンバーで懇親会を楽しみました。
 参加者全員が1分から5分報告することを原則として、前半、高等養護卒業生の報告・質疑、後半、親・先生・高齢者が中心となりました。

TK君:仕事とプールの両立を頑張りたい。皆と仲良くしたい。
TN君:卒業に合わせて薬をやめて、始めは落ちつけなかったが、徐々になれてきた。
MR君:EEで働いている。朝の日課(雪かき・祖母の手伝い)、仕事はハンガー拭き、弁当配達等)。時計を見て行動することが目標。
TS君:卒業後、仕事にもスポーツにも経験の大切さを感じている。現在は就職活動中。全道(水泳・陸上)大会でどちらも自己記録を更新できた。
Q&A:
・面接は難しい。志願者が多く、採用も難しいので難しい。自動車免許取得を目指している。
・仕事で失敗したり、家でケンカすると気持ちがくずれることもある。家で物に当たることもあるが、職場では押さえている。
・スペシャルオリンピックスに陸上(1500m)で推薦された。
・ソフトボール投げで全国へ。
Q:職場でイライラしたり、悔しい思いをするのはどんな時?
A:・一人になる、眠る
・相談(職員)する。
・水を飲む、外の空気を吸う。
Q&A:スマホとのつきあい方は?通信料を考えながら。
Q&A:薬の使用・副作用について
・気づかず食べる量が増えている(体重が増加)
・リスペドリンを飲む(常用ではなく、イライラした時に、自分で“無理だ”と思った時に)
・眠気を誘うことも。
・耐性がついて、使用も増えてしまうのでは?
・本人が調整できるのならいいが。
Q&A:楽しみは?就職は?
・楽しみよりも就職が一番大切。体を使う仕事をしたい。
・一般就労を目指す作業所を利用している。
・実習に行ってみて、面接を受けたいと思うようになった。
Q&A:収入は何に使っていますか?
・主に貯金。パソコンを購入しました。
・働いたらパソコンを買いたい。
Q&A:余暇・音楽などどうしていますか?
・部活(野球・PC)、自立活動、小学生時代からの体力作り、
・映画、外へ出る活動
Q&A:家事は?調理。

【特別支援教育について。担当者・親・高齢者】 
・知的学級において通常学級との交流が個人個人で増えていて、まとまった経営が難しいことがある。
・医師の見解と合わないかともある。
・痛い目に遭うことも必要ではないか
・失敗をさせないようにしてきたが、大人になって、失敗を生かす教育も悪くなかったかと思う。
・子どものタイプによって、失敗しないと分からない子もいる。失敗して、二度と取り組めなくなる子もいる。
・学級で、頑ななこが増えている傾向を感じる。
・知的障害と判定される子が増えているのでは?
・息子が、小学校一年の時、100並べに4時間かかったが、達成すると“終わり”が見通せるようになった。
・予定がくずれることが社会ではあることを理解させていく。
・自分の仕事が終わっても、全体が終わらなければ終わらないこと、終わらなければ、“人が手伝うこともある、手伝われてパニックになることもある、その経験の積み重ね”。
・説明してもわからない、と判断しないで、わからなくても説明する。
・説明の前に怒ってしまうのかもしれない。

| | コメント (0)