カテゴリー「音楽ピアノ」の36件の記事

2018年3月14日 (水)

2018年3月14日(水)Wanderlied(さすらいの歌)

2018年3月14日0900 雨

春の雨 なんとなく 悲し

先月2月24日に紹介しました「春の山楽し」山本学治作詞作曲、山で唄う歌、1956初版、茗渓堂、の4番は「春の山かなし そぼふる雨に 人も山も汚れて 雪はくさりはてぬ」です。
春の山は悲しくもあります。
最近、ワンダーフォーゲルリートを懐かしく思い出します。
ドイツ青春の歌大全集から、一つ紹介します。一つ一つ単語もメモっておきます

 Wanderlied 
 さすらいの歌

Wohl auf, noch getrunken den funkeln den Wein!
Ade nun, ihr Lieben, geshieden muß sein
Ade nun, ihr Berge, du väterlich Haus!
Es treibt in die Ferne mich  mächtig hinaus, hinaus!
Juvivallera, juvivallera, juvivallerallerallera!
Juvivallera, juvivallera, juvivallerallerallera!

さあ、きらめく酒を飲み干そう、
さらば、愛するものたちよ、いよいよ別れだ!
さらば、山々よ、故郷の家よ!
なにかが力強くぼくを遠くへ駆り立てる。
ユフィファレラ、ユフィファレラ、
(ドイツ学生の歌 大全集、キングレコード1987より)

wander  ハイキング(放浪の訳の方がいいですね)
lied   歌(Lied リート)
vohlauf 元気である、さあ
noch  まだ。まだ。これから
getrunken飲む(trinken)の過去分詞
funkeln 輝く
Wein  ワイン
ihr   君たちが その、彼女の、彼らの
muß   しなければならない
geshieden sheidenの過去分詞 離婚した
väterlich   父親の、父親のような
treiben  追い立てる 押し出す 駆り立てる
Ferne   遠方
mächtig    強大な
hinaus     外へ

| | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

2018年3月12日(月)春の空・ドイツ青春の歌

2018年3月12日(月)晴  -5℃08:00

 空は明るく青く、春そのものの色となりました。鳥たちが高い木にさえずっています。
 もう大雪(おおゆき)は来ないでしょう。

 昨日東京の知人と話してまして、雪が納屋の軒下に3m、家の周りは1mと話しますと、想像を絶するとのこと。さもありなんです。サザンカ、梅が咲いていることでしょう。
 ゴミ出しに行きましたら、納屋の戸が雪が詰まって開きません。ゴミ出しは木曜に延ばします。

 薪ストーブに火を入れました。先日の雨漏りで、屋根の雪が融けるのが怖くなっているのですが、もうストーブの季節も終わりそうなので、暖かくします。暖かいです。

 ドイツ青春の歌大全集(4Disc)を聞いています。
 強烈に懐かしい。懐かしさの感じ方は、歳と体力の劣化と相応するのでしょう。

 としますと、老化が相当進んでいるのでしょう。
 としますと、無理にでもアンチエイジング(抗老化)トレーニングに励まねばなりません。
 すみません、いつも抗老化の話で。関心事の中心がこれなのです。

1.音楽(ピアノ・歌)・料理
2.走歩・体幹・腕・指
3.人刺激(人集団)を追いかける
 まずこの三つです。ついで、
4.片付け。これも非常に難しい。

5.山に行けるだけの体力を

 Wanderlied 
 さすらいの歌

Wohl auf, noch getrunken den funkeln den Wein!
Ade nun, ihr Lieben, geshieden muß sein
Ade nun, ihr Berge, du väterlich Haus!
Es treibt in die Ferne mich  mächtig hinaus, hinaus!
Juvivallera, juvivallera, juvivallerallerallera!
Juvivallera, juvivallera, juvivallerallerallera!

さあ、きらめく酒を飲み干そう、
さらば、愛するものたちよ、いよいよ別れだ!
さらば、山々よ、故郷の家よ!
なにかが力強くぼくを遠くへ駆り立てる。
ユフィファレラ、ユフィファレラ、
(ドイツ学生の歌 大全集、キングレコード1987より)

| | コメント (0)

2018年2月28日 (水)

2018年2月28日(水)-19℃、ヒュッテの夜

 昨日2月27日朝は-18℃でした。
 確かめたいのは、-20℃を超えると雲がほとんどない快晴になるかどうか、-18℃くらいだと大雪の上に雲が残っている晴になるかということです。
 
 今朝、2月28日(水曜日)上川測候所6時時点で-19℃、北大雪の山の頂上近くにうすい平らな雲がいくつか漂っています。
 8時になって、雲はやや広がって旭岳のうえまで少し拡散しています。

 ここ数日、個人的に好きな山の歌をリストアップして歌い、老化防止トレーニングにしています。
 次の歌はそのリストに入らなかったものです。
 昭和30年代の歌でしょう。
 
ヒュッテの夜 深田久弥作詞 高木東六作曲

雪の青さを 透(とお)す窓
湯気に凍った花ガラス
ぬくめた指で字を書けば
そこから融けて跡もなく
耳を澄ませみちかたに
なるもののあり 心かよ

おや なんの音 雪崩かと
我にかえれば のきばから
部屋のぬくみに融かされて
雪とつららの落ちた音
ストーブの湯も沸いたから
お茶を飲み飲み話そうよ

つのる風雪に目が覚めて
誰か呼んでる叩いてる
山の精だと脅されて
かかぐ布団のあたたかさ
冬のヒュッテの夜更け時
よんでいたのは夢かしら

| | コメント (0)

2018年2月 8日 (木)

2018年2月8日木曜日ピアノレッスン

 ピアノのレッスンに行ってきました。月曜日は図書館の休館日なので、お願いしてほかの曜日でご都合の良い曜日に変えていただいたのです。
 だいたい週一回くらいしか町へ出ないものですから、いくつかの用を足します。図書館、銀行、買い物(金物、家の防寒ビニル、日用品)などです。

 記憶がひどく悪くなっていて、楽譜など記号的なものが特に覚えが悪いです。
 先生はいい点を見つけ出しては誉めて下さいます。
 昔は、鍛えて、傷ついても頑張れ的な指導が多かったように聞いていました。最近は誉めて指導される先生が多くて救われます。先生もいいところ見つけては誉めて下さって、頑張ろうという気持ちになります。すごく有り難いです。
 すぐにホラ的に、やれます、やりますと言ってしまいます。頑張ります。

   帰り道は雪がひどくなっていました。5時過ぎに愛山に帰着しました。15cmから20cmほどの積雪だったのですが、敷地の深い雪の所へ突っ込んでしまって、車を出すのに1時間近くもかかってしまいました。2月に雪に埋まることが多いです。

| | コメント (0)

2018年1月30日 (火)

2018年1月30日火、ミッドサマーコンサートに向けて

 ブログに書いた私の文章を読んで、変なところがあるとか、短絡的だと思う部分が多いです。すみません、文章力が落ちていると感じるし、老化は進行しています。なぜやめないか、書くことは老化・呆化の薬と思っています。だとお含み下さい。お話ししたとおり、3日空いていると、大丈夫かと心配になるとは親しい知人の電話です。
 なんとか元気、とだけ書こうと思うのですが、なかなかそういうわけにもゆかず時間を取られます。

 視覚野にきた軽めの脳梗塞で、楽譜を読みづらくなって、楽譜の記憶が難しいです。それなりになれてきました。昨日のピアノのレッスンで、先生にいくつか誉めていただきました。あれっ!何を誉められたか忘れました。
 ミッドサマーコンサートに向けた曲を紹介いただきました。「主よ、人の望みの喜びを」、「Surfboard Boogie」です。私向けの優しいアレンジです。札幌の先輩との連弾「幻想即興曲」です。

| | コメント (0)

2017年12月24日 (日)

2017年12月23日第12回旭川クリスマスコンサート

昨日、第12回旭川クリスマスコンサートが開催されました。
もう12回にもなります。どなたも段々技術が向上していると思いました。
勿論、古稀仲間の成長も著しい?です。

13:05 U・F ヘンデル「サラバンド」
13:10 U・F & S・M 連弾ラヴェル「ボレロ」
13:20 U・A & M・R 連弾「ハナミズキ」
13:30 U・A & U・M 嵐 「Beautiful days」
13:40 M・R  アルトサックス 「タッチ」
     ピアノ  「カノン」
13:55  T・J & A・S 歌      ♪迷い道      ♪冬の稲妻
     ピアノ ♪ダイアナ  ♪Happy Birthday to you
14:10 コーヒー・ブレーク
14:40 K・C フルート When a Woman Loves a Man、The Christmas Song
14:50 MWC-b(ミュージック・ワンダークラブ-バンド)O・H & O・K
      チックコリア スペイン、 Silent Night
15:05 S・M ピアノ 月光
15:15 N・S ロックフェラーの天使の羽、それでも、いきてゆく 作曲:辻井伸行
15:50 みんなで歌おうクリスマス
       カントリーロード、ジングルベル、赤鼻のトナカイ、
    Happy Chiristmas きよしこの夜
16:20 閉会

S・K先生、本当にありがとうございました。
ご参加の皆さま、本当にありがとうございました。
来年もさらにがんばります。
よいお年をお迎え下さい。

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

2017年12月17日、クリスマスコンサートに向けて男山師匠との連弾練習

 ちょっと緑内障が悪化したのかと思っていましたら、もう少し年相応のボケ進行だったようです。薬を飲んで、元気になってきました。
 ついこの間まで、痛風(高尿酸)の薬を飲んでいましたが、一昨年ころから緑内障という名が加わりました。
 最近もう少しレベルが上がりまして、忘却系が加わりました。毎日必ず飲む必須薬が増えています。

 今日は札幌から愛山まで、連弾仲間の男山師匠がおいで下さいました。
 クリスマスコンサートに予定している「ボレロ」の練習のためです。1時間あまりの練習で、大分、うまくなりました。が、小生の技術が足りません。コンサートと当日、午前中に時間を頂いて練習するように準備する事としました。

 藤井厳喜ワールドフォーキャストを購読しています。
 国際情勢を理解するするうえ購読したニュースはいくつかありますが、現在はこの藤井厳喜氏のもの一つにしています。
 自主自立独立の日本であらねばならないと思っています。
 当然、憲法は改正しなければなりません。平和憲法は平和を守るためのものではなくて、米国の奴隷となるための憲法であり、中国にとってもきわめて与しやすい憲法ではないかと思っています。

| | コメント (0)

2017年12月15日 (金)

2017年12月15日第12回クリスマスコンサートが近づきました。

 いよいよ第12回クリスマスコンサートが近づきました。
 17日日曜日、札幌からピアノの先輩にして、古稀連弾仲間でもある男山酒仙がおいで下さいます。仲間のつもりでいましたら、3年早く習い始められ、かつ毎週レッスンを受けられて、技量の差は開くばかりです。
 連弾曲はラベルのボレロです。なれた曲のように思っていましたが、おそろしく難しいです。出来る出来ないは考えないで、初年度から難しい曲を選んでいました。初心者用を選んだつもりが、結局は難しい曲を選んでしまったという例年通りの反省です。
 人生第4期 療遊期としましたが、老呆期の別名ですので、技術はどんどん、です。
 頑張ります。

| | コメント (0)

2017年11月26日 (日)

20171126ピアノ、サラバンドなかなか18日前まで戻りません

ピアノの練習を再開して1週間、少しずつ回復しつつありますが、18日のブランクは非常に大きいです。なかなか元に戻りません。
3年前からピアノの先生について学び始めましたが、ピアノを習うって素敵です。
ピアノに限らず楽器を習うことは豊かな人生の素養だろうと思います。
昭和18年生まれの私の年代で、楽器を習った経験のある方は少ないでしょう。女性ならお琴を習った方、あるいは都会の方ならいらっしゃるでしょうが、田舎にはあまりいらっしゃらなかったと思います。
今、ヘンデルのサラバンドを試みていますが、Ver.1が難しいです。どうも身に過ぎた曲のようですが、自分の実力よりやってみたいというあこがれ優先が相変わらずです。

| | コメント (0)

2017年11月20日 (月)

2017年11月20日ピアノ練習再開後3日、18日のブランクは大きいです

 3週間近くピアノを離れていましたので、元に戻るまで何日くらいかかるのでしょう。恐ろしい。
 昨日から練習を始めてブランクは大きいですが、少しずつ戻りつつあります。
こんなに休んでどうなることかと思いましたが、練習を重ねるごとに回復していると思っています。
 11月の愛山、今年は雪が多いように思います。
 氷河期に入った、とかのニュースに現実味を感じます。
 温暖化と寒冷化とどちらが良いかと問われれば、私に限って言えば寒い方が好きです。瀬戸内地方の夏の暑さにはこりごりで、まだ寒い方がましです。でもどれだけ寒くなるか、実は想像できません。
 わが居間の東窓が薪ストーブの煙突側ですので、さすがに丁寧な防寒が必要です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧