カテゴリー「お笑い老人クラブ」の126件の記事

2017年9月20日 (水)

2017年9月20日水泳、セイコーマートの牛乳とメロンソフトクリーム

 水曜日は、水泳仲間「Uチーム」の日です。
 午前中ピアノの練習をして、午後、買い物と水泳に出かけました。
 台風18号は過ぎていったのですが、午後黒雲と雨となりました。
 水泳は、走るよりも楽ですね。50分で800m泳ぎました。

 帰りにセイコーマートでメロンソフトクリームと牛乳を買いました。
 ここの牛乳は一味違って美味しいのです。天塩郡豊富町サロベツの牛乳です。味が濃いです。牛乳は出来るだけセイコーマートで買います。
 もう一つ、今年からメロンソフトクリームが売り出されているのですが、これはいわゆる柔らかいソフトクリームではなく、ソフトクリーム状の固いものです。一つ定価200円で高いのですが、本物の味がします。

| | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

2017年9月18日、台風18号、日常生活反省

 台風18号は北海道沿岸部を中心に大雨を降らせてゆきました。
 昨年はこの愛別町も一部大雨で田畑家屋まで浸水したところがありましたが、今回の18号は大過なく過ぎていったようです。
 強風で煙突が倒れないかと、南のオンコの木と家の中にロープをつないでおいたのですが、だいたい強風は南東から来ることが多くて、なんとか大丈夫のようです。愛山は午後1時過ぎから穏やかになり2時には晴れ間が見え、風が弱まっていました。

 

 風雨をいいことにピアノの練習を2時間余りしました。2時間すると練習した感じがします。どの時間を削るか。
1.最近運動をしていない?すぐに疲れてしまうしいー。
2.料理時間?掃除洗濯片付け時間? 野菜料理もどき。野菜キノコ放り込み鍋。結局カレー味なべとなる。庭のブルーベリー250gでジャム作り。
3.農作業? やはりど素人の上、怠け者だからものになりません。
4.ブログ・メール書き?被マインドコントロール論。少しずつやります。
5.ピアノ練習=やってます。Hanon12番、Sarabande、Marcie、ボレロ連弾(初級)、枯葉(弾き語り初級)今月2回目の2時間越え練習。
  面白本読み?これも結構やってます。「暁の円卓」、時間かかって。
 気力・体力劣化を何とか出来るか?

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

2017年9月17日初めてスカイプを使ってアメリカ在の友人と話す

 今朝、アリゾナの河さんとスカイプで話しました。
 お元気そうでマラソンとスキーに向けてたゆまずトレーニングしていらっしゃいました。
 驚いたのは、スカイプの便利さです。顔をみながら話せる、携帯のような時間のずれがない、無料という、とんでもない便利さでした。

 今朝は老人クラブの草刈りの日でしたのにすっかり忘れていました。
 スカイプと老人クラブ二つあると一つは忘れます。
  ガラ携を無くしたと半日探して、気が付いて電話してみると鞄の中から聞こえる。内外とも黒いビニル鞄なので見えなかったとう大お粗末。♪~呆けて呆けて、呆けていながら~♪(惚れて惚れていながらのメロディで)
 明日は台風が来るので雨。
 昨日の午後は納屋においたワラの始末で疲れ果て、椅子に座ったまま夕食も作れずの感じでした。
 
 GHQだ、コミンテルンだ、労働組合だ、マスメディアだ、とドンドン難しくなります。
 ルーズベルト大統領の部下のスパイに操られていたともいわれます。
 この当たりも勉強しなければ。

| | コメント (0)

2017年6月30日 (金)

2017年6月30日6月も終わり、老化対策運動始めます

 今朝15℃。やっと暖かくなりました。昨日まで朝10℃で、寒くて、時々石油ストーブをいれてました。

 朝、田の水を見に行くのにノロリと走りはじめて10日になります。いつまで続くか?10日目で少し調子がいいです。やめたら報告します。
 きっかけは余りに脚力が落ちて、6月18日の三の沼登山で歩くのが遅い上、帰りの車で朝が引き攣るという惨めな思いをしたからです。この冬、近い天気のいい友人がサウナとプールで心臓系の原因でなくなって、大いにショックで、運動が怖くなっているのですが、精一杯注意してだめなときはダメと諦めて、運動することにしました。血管障害対策の本も買って読んでいます。食事などだいたい、免疫力をつけることと似ています。
 明日は友人を偲ぶ会で1番の汽車で出ますので走りません。
 シャクナゲは本当に良く綺麗に咲いてます。
 草も夏草となりぐいぐい伸びています。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

2017年6月17日老化状況、近況

 6月5日の投稿以来、ご無沙汰しました。

 耕していなかった畑を起こして、非常に遅まきのジャガイモを植えたり、ハウス跡にトマト4本他の苗を植えたり、タンポポを刈り払機で刈ったり、頂いた薪を運んだりしていました。
 昨年73歳で70歳代の疲れを実感したのですが、今年74歳で、昨年以上の疲れ斜度を実感しています。この勢いですと、来年75歳でさらに疲れ斜度がきつくなると言うことです。ン第9番、「ジャジャジャジャーン」。
 昨年、この老化状態を人生第3期第2ステージと名付けました。
 昨年よりさらにひどい疲れ方が、田植え時、夜中の強烈なこむら返りをです。ふくらはぎではなく、太ももの感じでした。
 夕食後の疲れがひどくて、後片付けに立ち上がるのに2時間かかります。
 さらに午後の仕事が終わって食卓前の椅子に座ると動けなくなるのです。これまた今年初めてです。
 3区のSさんが昨年よりさらに疲れがひどくなると言われましたが、まさにその通り。S夫人が夕食前に座ると動けなくなるので、座らないようにしていると言われましたが、まさにその通りでした。
 これが人生第3期第2ステージ(Ⅲ2の段)の疲れの進行です。
 指先も動かなくなっています。シャツのボタンが入れづらい。
 太ももが細くなっています。
 頭の方は、すぐ忘れる。先夜に確認したのに朝になると忘れている。判断力が悪くなる。
 社会的能力でも、つきあいの配慮がいい加減になり、どうも失礼しているらしい感じがある、など。

 それと政治、社会政治判断力が、私の場合、右翼化してきている。愛国化しています。
 先に申しましたように、「海ゆかば」など涙しながら見聞きしている。戦争を絶対にしないという政治をすべきだし、戦争をしない意識は持つべきだが、戦争を仕掛けられたなら徹底的にやっつける武力を持ち、戦争を仕掛けられないだけの情報収集能力と外交力をもつべきだと思う。平和憲法が戦争をしないことに役立つのならいいけれど、そうはならない。平和憲法は、尖閣諸島を中国に提供し、沖縄を中国に与えることに役立つものになると思う、とまあこのような老化ぶりなのです。
 この夏には友人と徹底的に議論しようと思っています。
 学生時代から50歳頃までは、護憲左翼でした。現職時代は仕事が忙しくて、ゆっくり考える暇がありませんでした。考える暇をなくしているのが、世界支配者のやりかたでしょう。退職後です、どんどん変化したのは。
 当分、私の右翼化について議論を続けたいと思っています。

 一番大事にすることは音楽の練習。
 ピアノの方も、指力、音符記憶力、が低下していくなかで、練習を重ねて出来ることを増やさねばなりません。
 6月17日 町内会古紙収集作業
 6月16日  午後、頂いた薪運び
 6月15日 午後、頂いた薪運び、
 6月14日  午後、頂いた薪運び
  6月13日 田の土手刈り
 6月12日 午後あぜ草刈り、ハウス起こし。
 6月11日  午前、水道タンク掃除、午後、塩狩、横浜先生対談
 6月10日 疲れてぐったり
  6月9日   旭川であちこち、ピアノレッスン
  6月8日 田、アゼ刈り、ジャガイモ植え

テロ法、英国のマンション火災、本、いろいろ書きたいことがあります。

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

2017年3月29日、春分の日にいつもの反省

3月20日(月曜・春分の日)

 

 昨日曜日、黒岳に行くつもりが、強風でロープウェイ運休とのことで、再度挑戦と準備したのに、これまた強風のため運休。
 土曜日から3日連続で運休です。ずっと天気はいいし、愛山の方はそれほど風がないのに上は風速20mの強風だそうです。
 去年は天気がいいので出かけたところ、強風で運休ということがありました。

 土曜日は、若石足もみ健康法の講習会に行ってきました。専門的な西洋医学も大切でしょうが、余り資産のない年金生活者には足もみ健康法は大事と思いました。講師の方のお話しでおもしろかったのは「小また」の話です小またというのは、ふくらはぎの後ろ、かかとから上にあがっていく腱のところで、ここが引き締まっている姿を「小またの切れ上がった」というらしく、よく歩いていて健康で安産の足姿といいます。
 安保徹先生の免疫力を高めるがん対策、西洋薬を飲まないこと、など勉強すべきことが多いです。
 一つ残る課題は血管障害ですが、強い血管を作る努力をします。が、多分、どなたにも手の打ちようがないでしょう。仕方がないので、成り行きお任せにします。

 後は、1)落雪・転落事故、2)除雪機・農機具事故、3)自動車事故、4)単独山行です。これは十分に注意しますというしかないですね。注意が足りない状況になることが危ない。

 単独山行にあたあういては、滅多に行かないけれど、一つは黒岳スキー登山。これはロープウェイ下から携帯が通じれば大丈夫だと判断します。
 もうひとつ、無理かなとは思っていますが、富良野黒岳縦走。体力がなくなっていること、歩行スピードが落ちていること。一度一泊山行をやって見る必要があります。確かめてからですね。

 今日は春分の日、大雪は真っ白、お彼岸の良いお天気です。
 午後3時頃、外に出ましたら、納屋の屋根の雪が全部落ちていました。今日の落雪をよく覚えておくこと。外気温はプラス5℃に西の松の木の根元まで飛んでいました。敷地内の車道の方にも少し飛んでいました。
 来年への心構え、2月の中旬までにマイナス10度以下の日に、納屋と車庫の雪を下ろし、屋根の棟のところの雪を切っておくこと。母屋のとくに北側の雪は12月に1回、2月中旬までに一回下ろしておくこと。
 すみません、どうしても自分の生活のこと、病気、事故の話になります。
 このことを踏まえた上で、やっと人並みの話に進めます。

 他に毎日心掛けること、
1.Piano練習、アコースティックギター
2.お祓いの練習
3.歩力、足もみ、柔軟、指先力、山・スキー
4.30分から1時間、片づけ練習
5.夕食料理練習
6.野菜と米作り庭木練習
7.好奇心課題:落合莞爾、白川学、健康・呆け抵抗・免疫力料理、戦後史、
8.そのとき文
以上、春分の日に。

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

 2017年2月8日吉沢久子さん1918年東京生まれ、センテナリアン

 最近、吉沢久子さんという1918年東京生まれ、今年100歳になる人を知りました。セナンテリアンです。
 65歳の時にご主人を亡くされ、「ほんとうの贅沢」あさ出版、2015、
という文庫本の帯には、「毎日を気ままに、誰に気兼ねなく 生きるという幸せ」と書いてあります。
  幸せなセンテナリアンは女性に多いでしょう。
 条件は何でしょう。目次から抜き書きしますと
1章 いくつになっても「自分の足で立つ」
    「自由に使えるお金を持つ」
    時間がかかっても自分でやる
    「夢中になれる」何かを見つける
2章 自分なりの「価値観」を持つ
3章 「踏み込まない」「踏み込ませない」人付き合い
4章 「自分らしく」生きるとは
5章 人生をどう「仕舞う」

ためになる本です。とりあえず、元気でいること、料理をもっと覚えることですね。
吉沢久子「おいしい、楽しい、私の台所」、三笠書房もたのしそう。

| | コメント (0)

2017年2月 3日 (金)

2017年2月3日マイナス22度、2km歩

 2017年2月3日晴
 今朝はス-22度。今年-20度を切るのは3回目です。-22度では20度より一段低いと感じます。わが家の冷えること。風通しが良い上に、薪が濡れていてあまり燃えないのです。おいかわさんから頂いた薪のなんとよく燃えること。
 これだけ寒いと体の動きも鈍いです。
 以前、小学校が休校になったのはマイナス24度以下でしたっけ。愛山に来て-24度はまだ経験無いと思いますが想像できるようになりました。
 今朝の2km歩は17分27秒でした。時速7km、100mで52秒くらいが良いようです。ちょうど汗をぽたぽたかくくらいです。今日はほとんど後に残らないくらいでした。
 小山裕史氏のトレーニング論をうえの先生から紹介されていて、読んでいます。老人向けにも良いようです。

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

2016年12月20日センテナリアン、音楽、落合秘史、2kmジョグ

 センテナリアンは歳を重ねるにつれ、良い記憶だけを残しておくらしいです。年寄りの身勝手というのでしょう。私は100歳にならなくてもその傾向があるようです。自分に多幸症の気があることを感じています。
  とくにこの頃、音楽というかピアノを弾くのが面白くて、先生が少しでも誉めてくれようものなら、有頂天になったり、ほとんど出来なくなっているエレキベースなのに、プロの方に、MJQのDjango をやりましょうと誘ったり。

 もう一つ、落合莞爾、この方がものすごく面白い。順次買い足していますが、この方の歴史論を一つ柱にして考えます。孝明天皇が暗殺されたというのは嘘だとか、明治天皇は南朝系の大室虎之祐だとか。まあまあ面白い。記述はリアルで、嘘と思えないのです。
 いろいろマインドコントロールされてきた自分が分かってくるのですが、明治維新についいてもびっくりです。
 聖書の暗号から始まって、神道(中今)、日ユ同祖論、今や落合秘史です。

 今朝、2km速歩が18分を切り、17分49秒となりました。
 これから2ヶ月で16分台を目指します。
 料理への興味も増していて、夕食の品が豊富になっています。

| | コメント (0)

2016年12月14日 (水)

2016年12月14日ダテに七十を超えたのではない

 町の除雪車が除雪していったので、高田さんが私の家が除雪してないかもしれないと来て下さいました。ありがとうございます。
 その時のお茶のみ話に、私がこのごろ強烈に呆けてきて階段を一段、がたっと下がってきたように呆けが進んだと申しましたら、高田師匠、「皆、ダテに七十になったのではない、みんな呆けてきている」とのお言葉、笑っちゃいました。ダテに呆けちゃいない、のですか。七十を超えた甲斐がありました。
 全く。ダテの証明に午後には、愛別町まで2回も往復してしまいました。
 冬用の軽油を買いに行ったのです。愛山に帰って、夏用の軽油を入れるために、ポリタンクを買いにもう一度愛別町に行ってしまいました。これも「ダテ」ですか。

 午後、久しぶりに愛別岳から旭岳が真っ白に見えました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧