カテゴリー「政治経済マスコミ」の73件の記事

2017年8月11日 (金)

2017年8月11日あまりに野党が足りなさすぎる

 今日のMSNニュースの見出しに、「【閉会中審査】北の脅威はどこ吹く風… ミサイルよりも「日報」「加計」か」、として延々と続く民進党の質問ぶりを揶揄していました。
 民進党の姿勢が全く分かりません。とうよりも、この国際情勢の中で、一番重要な国防問題を質疑しなくてどうするんだと思います。
 民進党はとっくに終わっています。

 延々と報道するメディアも民進党と同じです。とっくに終わっています。
 私は、北朝鮮と米国は一戦に及ぶと思います。
 日本も何らかの戦争参加がありえます。日本の上空を弾道ミサイルを自由に飛ばせてはいけません。もし、グアムの近くに弾道ミサイルを飛ばすので許してほしい、金正恩がいってきても、許しませんと言うべきです。当然です。もし飛ばすなら打ち落としますと言うべきです。
 もしミサイルが日本上空に向かったら、打ち落とさねばなりません。もし打ち落とせないようなら、自衛隊をの存在価値はありません。いくらでも打ち落としますし、ミサイルを撃ち返しますと言わねばなりません。まっとうな野党なら安倍首相にもっと自衛隊を充実させろと言うべきです。自衛隊が生ぬ過ぎるというべきです。それが国を守るということでしょう。
 いま、ドローンによってウクライナの弾薬庫が爆破されたという記事を見ました。
 ドローンで原発を破壊するという脅迫が出来ます。
 野党なら、そのために対応は出来ているのか位の質問をすべきです。
 今の国際情勢は恐ろしく緊張しています。
 盛りそばとかけそば、どちらがうまい、などと言っている暇はないと思います。
 万が一のことがあったとき、今の野党の責任は大きいです。
 相当の難民が出る可能性も大です。難民は受け入れるべきではないです。早急に元の国にお返しする体制を整えなければなりません。
 この情勢下に、野党のなすべきことは何でしょう。
 憲法改正し、軍備体制を整え、日本に被害が及ばないことに全力を向けることです。

| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

2016年3月3日、JR北海道、気動車に燃料入れ忘れ

 東京新聞webページに次の記事が出ていました。

 2日午後7時5分ごろ、北海道白糠町のJR根室線古瀬―白糠間で、新得発釧路行き普通列車のエンジンが止まり、停車した。JR北海道が車両を点検したところ、燃料タンクに燃料がなかった。乗客4人にけがはなく、タクシーで目的地へ向かった。

 JRの新聞記事が多いですね。燃料を入れ忘れたって、呆れてものがいえません。笑うしかないです。
 新幹線で大事故が起こるとすれば、JR.北海道ではないかと心配します。トンネルで火事を起こしたり、線路の管理をインチキして脱線させたり、社長以下、まったく反省してないとしか言いようがありません。あまり、北海道新幹線まであと何日と言うより、しっかりと安全管理を追求しないと、わたしゃ新幹線に乗りたくないです。
 すみません、二度と起こらないようにしますと、嘘をつくのが社長職の仕事でしたっけ。

 でも、TPPで日本の財産をたたき売った甘利や安倍晋三よりましかもしれません。

| | コメント (0)

2015年12月 1日 (火)

2015年12月1日、年金返せ!

 今日のNEVADAブログに次の記事が出ていました。
(以下引用)
2015年12月01日
8兆円の損
公的年金の積立金を運用する「年金積立金管理運用独立行政法人」(GPIF)は30日、2015年7~9月期の収益が7兆8899億円の赤字(収益率マイナス5・59%)だったと発表していますが、その内訳は以下の通りです。
国内株式  -4兆3154億円
外国株式  -3兆6552億円
(引用ここまで)

 年金がどれくらいなくなるかと恐れていました。半分残れば良い方かと、わずかに期待していましたが、この記事を読んで半分も無理かもしれないと思ってしまいました。
 だいたい、独立行政法人などというのが恐ろしく無責任で私たちの年金がそんな博打に使うな!思っていましたが、ひどいことになりました。
 これはおっそろしい事態です。気持ちとしては、年金は残りそうにないということです。どうせこの独立法人は官僚の天下り法人で、退職金を貰って、ハイさようなら、という人でしょう。
 どうしてくれようか。GRIF法人長は責任取って、俺たちの年金、返せ。
 インチキマスメディア、少しでも骨が残っているなら、このこと追求してみろよ。

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

2015年3月25日(水)昨日の翁長知事記事へのコメント、ありがとうございました。

Miyagi 様

 昨日のブログ「翁長沖縄県知事と辺野古移転問題」に対してコメントをありがとうございました。全く当然のご意見を大変ありがたく思いました。
 辺野古問題について、過去の私とは全く逆の物言いをしています。私が以前、売国奴とののしった人と同じようなことを言っています。
 学者であるなら、冷静に判断するように、とのご意見ですが、恥ずかしながら学者の自覚はほとんど全くありません。今は、認知症が進み始めて知的判断力が相当衰え、感情的判断が優先しているボケ老人です。「ボケなら言うな」と言われるのが目に見えるのですが、戦中に生まれ、戦後を今まで過ごした者として、口が押さえられないのです。
 学者とか専門家という人で、なにかものを言う人については、まず疑ってかかります。
マスコミに出ている人で政治的発言をする人は全く信用していません。

 辺野古の反対運動、全く正当です。
 翁長知事は圧倒的な沖縄県民に支持されました。知事として、珍しく当然の仕事をなさっています。断固支持するのが筋です。
 でも、絶望的な反対運動に終わることでしょう。過去、60年安保のように正当と思える国民的な反対運動が、いかに押さえ込まれてきたか。原発反対運動があのように無視されています。民主主義とは思えません。
 「想定外のことが起こることが証明された」にかかわらず、再稼働しようとしています。反対運動は全く成果を上げていません。米国の支配下にある現実、民主主義の国とはいえません。
 日本に民主主義があるとは私は思えないのです。全く米国の手先である権力者側に統制された状況にあると思います。
 私は民主主義、とくに米国の言う民主主義はインチキだと思います。アフガニスタン、イラク、リビアを民主主義の名のもとに侵略しました。民主主義がないといえば、他国を侵略し滅ぼして良いのですか。

 中国が沖縄を占領支配すること、あり得ると思います。すでに中国領宣言にちかいことを言ってます。もし、沖縄県民が民意でよしとするのもありかと思いますが、チベットのようになるでしょう。

 過去の首相が如何に売国的であったかと絶望的に思います。いえ、売国をしなければ、殺され、抹殺されたのだと思います。近い例が田中角栄、橋本龍太郎、小沢一郎です。

 私自身、退職して少し時間が出来ていろいろ読んでいくうちに、7年間で相当、考え方が変わりました。
・911テロは、米政府の内部犯行にちがいない。
・日米地域協定は憲法をこえた協定らしい。吉田茂首相がワシントン講和条約を締結した後に、下士官宿舎に連れ込まれ脅迫状況下でサインしたものという。
・原子力関係の協定も米国と戦争を起こす覚悟がないと破棄できないらしい。

 私自身は、「無知のため、あるいはマインドコントロールされて気づかず売国奴の役割を果たしている学者一派」に属していたらしい、と思っています。反米左翼の一派でしょう。平和憲法擁護です。

 本当に我ながらあきれるほど、マインドコントロールされてきたと思っています。
 反米左翼的であったこともマインドコントロールの一つらしいです。
 確かなことのみを言おうとすると、沈黙しかありません。
 どうせ騙されるのならどのように騙されているのかを自覚していたいのです。騙され男の繰り言をこれからも言うことでしょう。

 敗戦までの教育者、小中高の先生たちが、戦争に教育面で協力したと反省したのでしょうか。なぜ、戦争せざるを得なかったのかも反省すべきです。いえ、米国が恐れるほどの国民を育てたことを誇りに思うべきかと思います。
 もしかすると将来、国際的現実を教えなかったことを教師が反省することになるかもしれません。

 北野幸伯(よしのり)、日本人の知らない「クレムリン・メソッド」世界を動かす11の原理、集英社 を読み進んでいます。私は北野氏にすごく影響を受けています。これが国際的な現実だと思います。
この「クレムリン・メソッド」世界を動かす11の原理とは…。
1世界の大局を知るには、「主役」「ライバル」「準主役」の動きを見よ
2世界の歴史は「覇権争奪」の繰り返しである
3国家にはライフサイクルがある
4国益とは「金儲け」と「安全の確保」である
5「エネルギー」は「平和」より重要である
6「基軸通貨」を握るものが世界を制す
7「国益」のために、国家はあらゆる「ウソ」をつく

8世界のすべての情報は「操作」されている
9世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」
10戦争とは、「情報戦」「経済線」「実戦」の三つである
11「イデオロギー」は、国家が大衆を支配する「道具」にすぎない

| | コメント (0)

2014年6月25日 (水)

2014年6月25日、NHKワールドカップ過度報道

 なでしこジャパンのワールドカップ決勝トーナメントには関心があったのですけれど、男子のワールドカップの予選にはあまり関心はありませんでした。たかが予選でしょう。
 NHKの異常な報道ぶりにアホか、と思っていただけです。
  今日の正午のNHKニュースでは最初の13分間をコロンビア戦の敗北報道にあてていました。
 確かに白痴的、痴愚的報道ぶりでしたね。選手に敗戦の弁を聞いていましたが、これに応える選手がなかなかの評論家ぶりで、選手にするにはもったいないような評論ぶりでした。
 正午のNHKニュースのトップがこれかと、まさに日本の滅びた姿でした。

 年収の20倍の借金を抱えた家、日本の家すべてがそうだと考えられるでしょうから、そのことを報道しろよ、と言いたいわけです。
 NHKの人は白痴でも痴愚でもないのでしょう。なら、もう少しまともな報道をしたらどうですかと申し上げたいわけです。

| | コメント (0)

2014年6月24日 (火)

2014年6月24日、AED設置、強制的従軍慰安婦問題の嘘

 昨日は、田植えをして2週間過ぎ、今年最初の田の草取りをしました。今日見るとなんだか成長したように見えました。この除草機は「八反ズリ」といい、一日八反の田を除草できるものだったそうです。
 田植えの時に除草のことを少しは考えていたつもりですが、一番端のスペースを除草機の幅の分を開けていませんでした。

 1時間半くらいで押し終わりました。
 夕方高田さんが来られて、いろいろお話しした中で、子宮頸ガンワクチンのこと、AEDのことをお話ししました。子宮頸ガンワクチンの無駄は分かるけれども、AEDは救急車で使っているし、必要性は強いと思うとのことでした。確かにそうでしょうね。AEDは必要な備品のようですね。

 しかし、年収の20倍の借金をしている日本国家、どうしてこうなってしまったのでしょう。ありえないことだと思います。為政者も、財界人も、国民も、気が狂っているのではないかと私は思います。

  ロシア政治経済ジャーナル No.1080、2014/6/24のメルマガに、従軍慰安婦問題がについて、下記youtubeが紹介されていました。非常に貴重な資料です。
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4
 ここには、「性奴隷20万人」が大嘘であることを、当時日本の敵だったアメリカ軍が1944年に作った報告書によって証明されていると、テキサス親父が言ってます。
 他国をでっち上げでおとしめて、自国の恥をさらすなんてこと、二重によろしくないと思います。

 今朝、田を見ると、苗の葉が少しくすんでいました。八反ずり除草機で苗を踏んでいったので、泥水をカブって、それで汚れたのだと思います。その後、奥6畳の片付けをし、午後は枝きりした松を片付けました。
 ここ3日、よく晴れて、大雪山がすごく綺麗です。旭岳北面の「仙人」雪形がはっきりと見えます。

| | コメント (0)

2014年2月 2日 (日)

2014年2月2日、細川氏支持、除雪機動かず

日本は終わった、第2次敗戦をむかえた、と過去形で言いつつ、わずかでも健全化の道を期待している自分が居ます。

東京都知事選、細川氏を支持します。
断固支持します。

細川さんが勝つことにしか未来は見えません。確率としては1%でしょうか。
万が一、細川氏が勝つなら、希望が持てます。

最後は「ムサシ」が集計を操作して、桝添氏が勝つでしょう。
もしかすると集計不正のシッポが見えるかも知れません。
ムサシの選挙集計不正を注目しましょう。

読売新聞の正力松太郎氏はCIAのエージェントで、「ポダム」という暗号名をもっていたとのこと、読売新聞は情報操作の旗頭です。桝添氏が優位というのも情報操作そのものです。集計不正のための布石です。

集計不正がばれない限り、安倍晋三氏が勝ち続け、戦争への道を歩でしょう。
集計不正をやめさせなければなりません。注目しましょう。
都民がどれほどアホか。私と似たり寄ったりのアホなことを証明するでしょう。

細川氏が負けたら、いよいよ日本は放射能と戦争とで滅びるでしょう。第2次敗戦よりもっとひどいことになるでしょう。

細川氏を支持します。勝って欲しいです。

 今日は除雪機で除雪しましたら、20分ほどでエンジンストップ。前回の高田師匠のやり方をそのまま真似してみましたがダメでした。12時頃、昼時なのに高田さんに救助を頼みましたら、すぐに来て下さり、3時間に渡って苦闘して下さったのです。しかし、わが古代除雪機、さすがです。回復しませんでした。明日、農協に電話してみます。
 高田お師匠様、今日も本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

2014年1月31日 (金)

2014年1月31日、除雪機修復・都知事選細川氏支持

 昨夜遅くなって、起床が遅れました。
 遅い朝食が終わった頃、高田さんが愛山町区の方の除雪を終えて我が家の除雪もして下さいました。
 実は一昨日、除雪機が不調になり、途中で外に置いたままにしていました。エンジンはかかること、エンジンがかかって少しするとエンジンが咳をするように止まってしまうこと、再度エンジンを掛けるとかかるのだけれどまた同じように止まることを話しますと、ガソリンをエンジンに運んでいるパイプに問題があろうこと、パイプの詰まりは、ガソリンに水が入って水が凍ってパイプを詰まらせる場合、ゴミがパイプに入って詰まるなどが考えられるとのことでした。
 実際にエンジンを見てみると、黒いゴミのたまりが見られました。またガソリンに水が入っている気配もありました。ゴミを取り、ガソリンの流れを良くして、エンジンを掛けると快調に動き始めました。
 さすがの高田師匠です。「すごい」と申しますと、なんのこれしきと、軽くいなされました。
 わが古代除雪機、いろいろと教えてくれます。
 「ガソリンの水抜き」を買って入れておくこと、ストレイナーのつまりがないようにゴミに気をつけることが今回のアドバイスでした。
 高田師匠様、ありがとうございました。
 

ココログ里子のブログ http://cocologsatoko.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-c462.html に日刊ゲンダイの次の記事が出ています。
細川都知事候補直撃(上)「乱心しなければ安倍止められない」(2014.01.31)
細川都知事候補直撃(下)「強欲資本主義では国が滅亡する」(2014.01.31)
日本中に「核廃絶」広告 池田名誉会長“脱舛添”指令の波紋(2014.01.30)
「細川・小泉」演説に2000人 危機感募らせる舛添陣営(2014.01.30)

 これを読むと、細川氏が「殿、ご乱心」と言われるのを覚悟で都知事選に出たこと、「強欲資本主義では国が滅亡する」と実にまっとうな主張をしていることを知りました。断固、「脱原発」の細川氏支持です。

 また、かの池田大作氏が全国に「脱原発」の指令広告を出しました。これはこれは。創価学会と公明党は都知事選では齟齬が生じているようです。

 これで実勢は細川氏でしょう。しかし、切り札の選挙集計不正可能性会社「ムサシ」が控えていますので多分、桝添氏が勝つでしょう。マスコミも大協力するでしょうし。多くの都民はマスコミに洗脳されているようですし。
 選挙集計には目を光らせましょう。

 今日の飯山一郎のブログが良いです。http://grnba.com/iiyama/#TOP 
  「全国のジジイ!いや サユリストたちへ、鷲たちの女神さまが↓こー言われておる!」
 吉永小百合さんの言葉
 「細川さんの今回の大変な決断を、私は深く受け止めました。今私達は、未来のことをしっかりと考えなければいけない時です。みんなで応援しましょう!」

 瀬戸内寂聴さん、湯川れい子さん、菅原文太さんも細川氏を支持しています。

 全国のジジイの一人として、知り合いに電話しました。率直に申しました。さて、理解は深まるでしょうか。

「若者よ」の替え歌「新ジジイよ」を作りました。

新ジジイよ   体を鍛えておけ
理想追う     こころが
たくましい体に みなぎって
戦わん     今その時が来た
この日のために 体を鍛えておけ
新ジジイよ

| | コメント (0)

2014年1月30日 (木)

2014年1月30日、都知事選、細川氏を支持します

 都知事選、私は「脱原発」の細川氏を支持します。

 宇都宮氏は細川氏を支持して、脱原発一本槍で行くべきと思います。
 小泉氏は信用できませんが、それでも細川氏の脱原発を断固支持します。
 これからの地震多発期、緊急に原発を廃炉にして地震、火山、テロに備えなければなりません。

 共産党が宇都宮氏を説得して、細川氏に一本化すればいいのにと思いますし、ときどき、共産党は隠れ自民党だと思うことがあります。

 もう一つ、選挙の集計は「ムサシ」という会社が一手引き受けで行っています。ムサシには集計不正の疑惑が有り、私は集計不正をしていると思います。集計不正を行えば、政治を思うがままに操れます。
 選挙不正をして大不人気の桝添要一氏が知事になると思います。「日本は終わった」ですからお手上げですが、一応言っておきます。

| | コメント (1)

2013年8月28日 (水)

2013年8月28日、シリア政府の化学兵器使用をでっち上げて侵略破壊をめざす一派

 戦争は、世界を動かしている支配者一派の戦争屋グループが起こしていると、思うようになりました。
  そう思うようになったのは、9/11テロがその戦争屋グループとその手先である、ブッシュ、チェイニー達によって引き起こされた、と4年、5年前から思うようになって以来です。
 イラク、リビアへの侵略、破壊は彼ら一派の仕業です。彼らは10年たつと武器がたまってしまうので戦争を起こして儲けるというパターン行動をするのです。
 大量破壊兵器をでっち上げ、因縁をつけて一国を、全く理不尽に破壊しました。
 彼らは今、シリア政府の化学兵器の使用をでっち上げて、シリアを、侵略破壊しようとしています。
 ROCKWAY EXPRESS ブログ
http://rockway.blog.shinobi.jp/ をご覧頂ければ分かると思います。

 なぜくどく、こう言うかといいますと、NHKはじめ日本のマスコミが戦争屋の手先としてその侵略行為に加担しているからです。
 もう止めようがないという諦めもあります。

 次は別の似たような観点の記事です。戦争屋がどうの、日本のマスコミがどうのということではありません。
 地球自体が大変な状況かも知れないという記事です。
 
(以下引用)
In Deep 
http://oka-jp.seesaa.net/ 2013年08月27日、
「この夏すでに聞こえていた小氷河期の足音 : アメリカのこの夏は記録的な「低温」が圧倒していたことが判明」

 インドだけではないですけれど、たとえば、(先進国というように言われている)日本の実情を見てもそうですけれど、いったん壊滅的な災害に見舞われてしまった場所の復旧というのは、どこの国でも非常に難しいもののようです。
 これは、別の言い方をすると、これだけ世界中で壊滅的な災害が続いているということは、上のような「災害による廃墟」が世界中に増え続けていけば、時間と共に、「世界中に廃墟が増えていく」ということにも繋がるものかもしれません。復旧するより新たな廃墟が作られるスピードのほうが早いという意味です。
 今の環境変化のスピードを考えると、地球の多くが廃墟に包まれる日はそんなに遠くもない気さえしてきます。
 紛争や戦争などの人員的な要素も含めましても。
(引用ここまで)

 日本が滅びた、などと日本のことばかり考えていましたが、実は、世界の大半、いわゆる文明国が滅びに向かっているかもしれないことを、In Deep の「復旧するより新たな廃墟が作られるスピードの方が早い」という言葉に、いやにリアルに感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧