カテゴリー「愛山古川農場・農作業」の367件の記事

2017年11月 1日 (水)

2017年11月1日、少し出かけてきます

11月になりました。
冬景色です。
少し出かけてきます。

| | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

2017年10月30日、昨日籾すり、今日はピアノレッスン。雪。

昨日10月29日は午後から夜10時近くまで、籾すりを終えました。
意地でも午前中はピアノの練習、午後から籾すりです。
この籾すり期は遙か山口県だったかの中古農具屋さんで買ったものです。中古のせいか十分に籾すりを行わないので、2回籾すりをしなければなりません。お陰で2倍の時間がかかります。
毎日ブログを書くつもりが、ふと気が付くと次の日になっていました。一日欠けてしまって残念。

 

今日30日月曜日は、雪でした。
午後からピアノレッスンに行ってきました。
白樺もいよいよ終わりで、カラ松がこれから黄金色に輝きます。
新米、美味しかったです。

| | コメント (0)

2017年10月28日 (土)

2017年10月28日土、稲架がけ下ろし、脱穀終了

快晴の今日は稲架おろしと脱穀を一気に終えることが出来ました。
朝から旭川の中村さんが、午後から 高田勲さんが手伝いに来て下さいました。

0900 中村さんと稲架からブルーシートに下ろした稲束を15束前後をくくり、軽トラックに積んで納屋に運び込みました。
 畑の稲架木から稲束を下に敷いたブルーシートにい下ろし、10数束をくくって軽トラックで納屋に運ぶ。
1300 39レストランで昼食。
1400 高田勲さんが手伝って下さって、脱穀。
1600 脱穀終了、後片付け
1630 仕事終わり、コーヒーを頂きながら、雑談。

 宇一さんの最近のブログ記事がどうもらしくないとの中村さんの指摘。宇一さん、ご指摘を感謝し、反省の風。
1730 綺麗なお月様とお星様。脱穀時の月と星が本当に綺麗です。
 夜の月、星、しみじみ秋です。
 北極星をめぐって西には北斗七星が横になって沈み、右からペルセウスが上がってきて天上にはアンドロメダ、ペガサスが舞っています。
 一仕事終え、ビールがうまいです。
  高田さん、中村さん、今日はありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

2017年10月10日稲作り・選挙

10月10日(火)晴れ
 昨日稲刈り稲架がけが終わりました。稲束が余りに軽く、茎が細く、年とともに出来悪くなった感じがします。やはり稲作はプロの仕事だとつくづく思います。
 でもよくもお米作りをさせていただきました。非常に貴重な経験でした。新米のおいしさったらないです。
 一番大切なのは苗作りです。難しい苗作りは高田さんのご好意のお陰なしには得られませんでした。今年も素晴らしい苗を頂きました。
 今年の田植えは難しかったです。機械の整備をよくしていなくて、4条植えが2条植えしか出来なかったこととか、十分の植え付けが出来なかった感じがしています。ここに素人が表れた感じがしています。
 草取りも田植え後3週間頃の手押し除草機での草取り、暑いさなかでの草取り、草取りは稲作りの重要点ですね。
 8月の水切りもなかなかうまく行かず、ぬかるんでバインダーが動かなくなって引き出すのに一日かかったこともありました。
 最初の頃は手刈りでやっていました。稲刈りも手刈りもなかなかの経験でした。ワラで稲束を結ぶ、こんな経験なかなか出来ません。
 稲架がけも、稲架作り、荒縄で縛る技術もなかなか難しいものでした。さすがに10年目にはうまくなったと思います。最初の頃は結び方が手に着かないで、できあがる頃にうまくなったりました。前年の写真を見ながら作り方を復習したりしました。
 稲刈り稲架がけは月夜になることもありました。星を見ながらの稲架がけもありました。
 稲架での3週間の乾燥の時期に台風がやってきて、稲架木を支え直したりもしました。
 この時期雨が多いのです。十分に乾かないうちに、稲束を下ろし、脱穀することにもなりました。
 ヤンマーディーゼルをお借りして、頂いた脱穀機で脱穀です。いつも夜中までかかっていました。
 化学肥料、農薬無しに今の農業は出来ないことがよく分かりました。
 
 去年から実感しているのですが、頭と体力の老化を実感しています。気力体力が衰えました。

 さて、やはり一言、衆議院選挙です。
 与党(自民・公明)派、希望・維新派、護憲左翼派(立憲民主・共産)の3グループといえます。
 まず、かっての私は護憲左翼ですが、私の退職後の勉強から、平和憲法なんて冬の大雪のお花畑のようなもので、猛吹雪のような国際情勢の中で、お花畑の平和などあり得ないことと思います。平和憲法で喜ぶのはまず、中国・北朝鮮・韓国です。戦争しないというのですからこんなに有り難い隣人はありません。好き放題出来ます。米国もまた、守ってやるといって好き放題に金をむしり取れます。一番嫌なのは、自分の国を自主独立で守れないことです。猛威っぽい宇土、自分の国は、他の兵士の命で守るのではなく、自国の知で守るべきだと思います。ですから護憲左翼派には同意できません。
 ついで希望の党ですが、これはネオコンの手先だと思います。米国の軍産複合体の手先だと思います。
 森友・加計問題ですが、これは日本のマスメディアがネオコン派の手先として阿倍首相追い落としのうごきだと思います。
 つくづく思うことは、前の民主党政権時代の目に余る惨状でした。とってもありえ無い状態でした。
 安倍自民公明派は内政、外交で通常以上の業績を上げていると思います。

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

2017年「10月9日、稲架がけ終わり、小池希望の党惨敗にこそ国民のプライドあり。

10月9日、今日で稲架がけが終わりました。
稲束が軽く、茎も細く、私の田のみの不作です。いろいろと難しいです。
3週間ほど稲架の上で乾燥し、脱穀です。多分、乾燥が足りないでしょうから、座敷に置いて、石油ストーブで乾燥します。そのあとで籾すりをして、精米します。

さて、政治です。
飯山一郎さんの「てげてげ」のファンですから、彼の見方とおおいに共鳴しています。
小池百合子さんは、ネオコン派ですと。
保守派は民族派(安倍首相一派)とネオコン派(小池百合子、竹中平蔵)の2派、それに護憲左翼派(朝日、護憲民主、共産)の3者の争いですね。
 小池、希望の党には惨敗して貰わなければ、国民のプライドは何処へ行った?です。
 国民の賢さが問われます。

| | コメント (0)

2017年10月 8日 (日)

2017年10月8日、稲架がけ、「そよ風と私」

10月8日(日)午前中、稲架がけ、午後いっぱい、バインダーが放り投げた稲わらを集めて、一部しばる。

稲束の
軽さに想う
我が人生

軽くとも
余生と来世
まだ続く

なれど、
軽くとも
「今」この現実に
生きるのみ

午前中の稲架がけに。
風、
ほほに爽やかな風、
のほかにも稲架の稲わらに吹く、
風、
その風と私。

稲束の軽さを嘆きつつ、「そよ風と私」(Breeze and I)を思い出す。
思い出し痛むことの多い第3期第2ステージ

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

2017年10月7日(土)バインダーで稲刈り、星降る中稲架がけ

分かります?生存証明として、毎日投稿しようとしています。
今日は快晴。稲刈り稲架がけの日です。

1000 バインダー起動。20分でかかり、段々うまくなっています。エンジンをかけたまま、軽トラックに載せ、田へ。
1100 最初はやはり不調で、1回2回、結束しないままで放り出す。3回目から7回はOK。8回目にばらばらに放りだす。すこしずつ調子を上げてくる。ま、順調に刈って結束(バインド)してくれる。5回から15回に1回、結束しない。
1330 刈り取り終わり。バインダーをもって帰る。昼食休み。
1415 軽トラックを田に入れることができた。すなわち良く乾いていた。
1515~1650 稲架にかける。休憩
1750 真っ暗になって星空。軽トラックの前照灯を照らしながら、軽トラックに稲束を積む。露が降りている。
1855 帰着。稲束は軽トラックに積んだままにする。


稲束を軽トラックに積むときに改めて実の入りが恐ろしく少ないことを実感しました。
やはり稲作りは難しいです。苗も肥料も良かったです。田植えがうまくなかった感じがします。気温も低かった。よく分からないですが、細かに目配り気配りが必要でしたが、サボった反省があります。

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

2017年10月1日、稲刈りバインダーチェック、バインド機能

10月1日(日)快晴です。
昨夕は永山のお師匠様がおいで下さり、夕食一式ご馳走になりました。
意義深いたくさんのお話を伺いました。政治談議もほぼ似たり寄ったりの好みで楽しかったです。
今回の私への教えの中心は「減らすこと、増やさないこと」

午前中、バインダーを点火しますが、すぐには始動しない。エンジンまでガソリンがすぐに到達していないようです。昨日にくらべると非常に早く20分ほどでかかりました。
 次の問題はうまくバインド(結束)するかです。
 午後、軽トラックにバインダーを載せて田まで運び、運転し始めました。
 最初の問題は、稲の束を結束しなまま、バラバラのまま放りだすのです。
 またすぐに結束用ひもが切れてしまい、細いパイプの中を通すのにも時間がかかりました。
 それでも2列刈ると調子が良くなって結束しないことが少なくなりました。少しでも多く刈っておこうと。月夜のなかで刈りました。のこり3分の2は明後日ですね。

| | コメント (0)

2017年9月29日 (金)

2017年9月29日、黒岳石室初雪、希望の党、バインダー

2017年9月28日、黒岳石室で初雪を観測したそうです。
やはり初雪には喜びを感じます。(まだ意地を張っておきます)
今日は永山岳、北鎭岳の沢形が白く見えました。

 希望の党の小池さん、変です。都知事が顔を出すのは変です。変だと思わない方が変です。豊洲のことも変です。おかしいです。変です。狂っています。
 民進党の前原さんも、「狂った」と思います。
 小池さんがこれほどおかしくても、今の「狂った」マスメディアなら「希望の党」をもてはやすかもしれません。国民のアホさ加減が今年の選挙で分かります。
 国民が問われます。地方の人も都民と同じくらいアホなのか。
 あの方、都知事として何かやっているのだろうか。
 もう一つ私の好きなブログ、In Deep  http://indeep.jp/ の昨日の記事「今年最大規模の太陽からの磁気嵐の直撃の渦中にある地球」に出ていたのですが、こんな時にはいろいろ起こるそうです。
 飯山一郎さんのブログ「てげてげ」http://grnba.com/iiyama/ は面白いです。
 過激ですが、メイン・ストリーム・メディアよりはるかにまともです。

 それはさておき、難物のバインダー、昨日から始動を試みていますが、昨年よりも難しくなっています。毎年、エンジン始動が難しいです。
 バインダーというのは、機械で稲刈りして、自動的に稲束をしばってくれる機械です。
 エンジン部分と、縛り部分と双方に問題を抱えています。
 昨日はプラグを点検しようとしたのですが、プラグを開ける道具が小さすぎて、道具を見付けるのに時間がかかりました。
 見つかってプラグを外してみると真っ黒になっていたので、今日、旭川まで出て、買ってきました。
 さて、明日、エンジンがかかるかどうか。もう一つ、バインド(結束)できるかどうか。出来ないと手刈りになりますね。

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

2017年9月27日、稲架木立て、県民と都民どちらが賢いか

 このブログを見て下さる方々に感謝しています。
 ますます生存証明としてのブログになっていてすみません。呆老化進んでいますが元気です。
 このブログは小生にとっては生き甲斐になっています。おそれいります、もう少し続けさせて下さい。
 年とともに楽しくなっているピアノ、もっと練習したいです。
 自分のマインドコントロールの歴史を知りたい出すし、どうも日本人が見事にマインドコントロールされているように思いましてその当たりの実際を知りたいと思います。
 日本のメイン・ストリーム・メディアも何かにマインドコントロールされつつ、国民をマインドコントロールしているようです。
 小生の農生活、体状況、日常生活技術、面白本なども書きとどめておきたいです。

 

 午前中ピアノ練習の後、稲架木立てで荒縄縛りを続けました。午後、4時頃できあがりました。さすがに10年目にして荒縄縛りも身についてた思います。身についた数少ない技術です。
 稲刈り・稲架がけですが、予定していた10月2日が曇りで雨が降らないと思います。29日は晴れのち雨ですので、30日にするかどうか。だいたい稲刈り時はよく雨が降ります。昨年も冷たかった。
 野菜料理、いかにも私らしいごった煮が定番になりそうです。まさに「ごった煮」です。 カボチャのデカ切りを鍋に入れ、キャベツも半分にきってさらに三つ四つに切って入れ、キノコをあるものを入れ、トマトも傷んだところを切り捨てて入れ、そのほかの野菜もあれば適当に入れ、挽肉とか、肉を適当に入れ、コンソメを一つ入れ、塩コショウを適当に入れ、すこしぐつぐつ煮てできあがり。けっこう美味しいです。
 夕食には、フライパンで野菜炒めも二品目にしました。

 

 小池さんの所に民進党がすり寄ったようですが、どうなるやら、都民とか大阪府民はいかにもなんだかですが、他の中小県民はもう少し賢いように思います。それほどアホではないように思うので、楽しみです。マスメディアは小池さんが好きそうですね。私は安倍晋三が愛国的で自主独立と思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧