« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月の17件の記事

2018年10月31日 (水)

2018年10月31日水曜日、10月の終わり

2018年10月31日水曜日、10月の終わり

 日々進み行く冬への時。
 冬月へ、木々は寂しさを増し、南の山の白樺が、最後の枝先の葉を残すのみとなりました。

 大雪山には、黒岳、北海岳、間宮岳、北鎭岳が取り巻く大噴火口跡があります。
 その北鎭岳の西側、比布岳と愛別岳の間、愛別沢に下り落ちる沢にも小さめの丸い噴火口跡が二つ見えます。夏の緑の季節はそれと見えないのですが、11月の雪の始まりの時期だから地形がクッキリと見え、丸く噴火口跡と見えるのです。
 何万年、何百何千万年前には、大雪十勝連峰の至る所で、噴火口が開き、噴煙が立ち上っていたのでしょう。

 大雪十勝連峰は非常に荒々しい山なみと感じます。
 日高山脈も厳しい山ですが、造山的には日本アルプスと同じく穏やかな隆起です。

 なんだか大きな自然の動きの話になりました。

 社会的には、このキリギリス、少しだけラディカルです。
 戦後日本は、War Guilt Information Program で見事に洗脳されました。
 ほぼ完全に洗脳下にあります。
 朝日、毎日、NHKは洗脳機関として、機能していると思います。勉強できるやつは弱いなあと思います。すぐ頭で考え、左翼になると感じます。
 左翼はついこの間までソ連の、そして今は中国の手先になっていると、キリギリスは思います。
 産経新聞のみが頑張っています。

 明日から11月。
 あと何回の10月だか。
 豊かな10月でした。
 小学校同級の友人から、中高時代まで懐かしさ巡りの愛媛行でした。

| | コメント (0)

2018年10月29日 (月)

2018年10月29日月曜日 冬月へ、木々の彩り

2018年10月29日月曜日 冬月へ、木々の彩り

冬月にまっしぐら。
色づいた紅葉・黄葉が消えゆくにつれ、カラマツの黄が最後の輝きを増します。

名残の色は、
柿とミカン
愛媛の秋です。
林檎とブドウ
愛山の秋です。
ヨーグルトとブルーベリージャム
わが家の朝食です。

野村もみじも紅葉が進むと
明るい色に変わります。

冬タイヤ交換は11月に入ってからでいいでしょう、と4日前に書いたのですが、冬の急ぎ足の気配に、急ぐことにしました。
昨日夕方、交換しました。
夏冬ともミシュランにしていましたが、冬タイヤはブリジストンに変えました。ミシュランの夏タイヤはあと1、2年持つということでした。

|

2018年10月27日 (土)

2018年10月27日土曜、平和バカの壁

2018年10月27日土曜、平和バカの壁

 松山でお会いしました恩師は10歳ばかり年上でもう85歳を超えるお歳で、後20年は元気でいらっしゃるおつもりとか。このキリギリスは後10年と思っていましたが、後20年が頑張らねばなりません。

 木々の葉がドンドン落ちていきます。11月にはカラ松の黄しか残らないでしょう。
 そして雪月です。
 9月からの月は自分の75歳の今と重なりますが、雪月は自分にとって何なのでしょう。
 厳しい雪の季節かもしれません。安らぎの月でもあるようにも思います。

  度々申してますように、小生、どんどん右翼化しております。

 共産主義は物質主義ですし、共産党のトップを皇帝とする反民主主義です。
 日本は、民主主義かどうか分かりませんが、物質主義ではありません。自分の国は自分の手で守らなければならないと思います。自衛隊は日本軍として当然、憲法認めなければならないです。自衛隊は日本軍として当然、憲法で認めなければならないです。当たり前の当然のことです。全く。

【アメリカ通信】 mag2 0000110606 <mailmag@mag2tegami.com>
米中冷戦開始(そして、その結末も既に見えている…)
米中冷戦がはじまり、
それが北京の共産党崩壊までつづけられることは、
米国の中では既定路線となってきたのです。

 
ケント・ギルバート、ロバート・D・エルドリッヂ 平和バカの壁、産経セレクト、2018.122ページ
 ロバート (アメリカ合衆国は)戦って、勝ち取った国
 
ケント   アメリカ人は、アメリカ人は、時として自分の武力で守らなければいけないことがあることを、歴史的な経験から身にしみてわかっています。
 我々を命がけでまもってくれているのだから、軍人を尊敬し、誇りに思っています。
 一方、なぜ日本の自衛隊は尊敬されないかというと、もともと占領軍の占領政策であるウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム(War Guilt Information Program)で、戦後の日本人が洗脳されたからです。  

| | コメント (0)

2018年10月25日木曜、10月が行きます。秋の終わりの赤。平和憲法を至急廃棄すべし

2018年10月25日木曜、10月が行きます。秋の終わりの赤。平和憲法を至急廃棄すべし

10月下旬。
1日ごとに秋が深まります。
庭の真ん中にある一番大きいオンコの下に細葉楓が紅・黄に光ります。
リンゴの実の赤が濃くなります。
深紅のバラがつぼみを開いています。
10月25日朝10時の陽光に
赤色が輝いています。

紋別高速道上の北斜面
白樺は梢のみを残し
北の山の南斜面は今年は
殊の外色鮮やかです。
小氷河期入りで大雪も
カナダのような彩りになっているのでしょう。

マッカーサーによって作られた平和憲法は、
至急、廃棄されねばなりません。
中国は虎視眈々と日本を狙っています。
すでに尖閣・沖縄を手中に収めました。
北海道も広大なニセコの水源を手に入れ、
釧路の方にも手を伸ばしています。
仮想敵国に土地を売るなんて、
アホ極まりなしです。

極めつきは、
平和憲法を守れという、共産党、立憲民主党。
中国共産党の手先でしかないでしょう。

大雪山の雪は高度を下げています。
来週早々には平地にも雪が降るでしょう。
さて、冬タイヤ交換は11月に入ってからでいいでしょう。

| | コメント (0)

2018年10月23日 (火)

2018年10月23日火曜日 リンゴとブドウ

2018年10月23日火曜日 リンゴとブドウ

 一昨日報告しましたように10月20日、高校時代同期の喜寿の会、西条市での小学校同窓のお茶会と楽しみました。
 時間が足りませんでした。
 柿の実とミカン、愛媛の秋です。
 愛媛行もこれで終わりかと思っていたのですが、また行きたくなりました。

 帰りは20日日曜日、松山空港から飛び立って、瀬戸内、大阪京都名古屋上空から新潟、下北半島津軽海峡を越えて、千歳空港に下り緑の山々を見て、ほっと安らぎました。
 北海道が第2の故郷です。
 雪の大雪山です。
 リンゴとブドウの秋です。
 リンゴは虫食い、ブドウは風にやられました来年は収穫できるよう勉強します。
 この2日間くたびれ果てていましたが、明日から冬の準備です。

| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

2018年10月21日日曜日 高校時代同期生の喜寿の会

2018年10月21日日曜日 高校時代同期生の喜寿の会

 10月20日土曜日、高校時代の喜寿の会が愛媛県松山市であり、お墓参りをかねて出かけてきました。57年ぶりになります。75歳なっていますから後はないとも思いました。無理して行って良かったです。
 愛媛にこれほど懐かしい気持ちをもっているとは思いませんでした。平たく言えば歳です。豊かです。

| | コメント (0)

2018年10月19日 (金)

2018年10月19日金曜日今年初めて零下。

2018年10月19日金曜日今年初めて零下。

速報。午前5時 -5℃。今年初めて零下。上川測候所。
やはりわくわくします。

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

2018年10月18日木曜日 5℃夏と冬の境目の気温 夕方タンポポ刈り

2018年10月18日木曜日 5℃夏と冬の境目の気温 夕方タンポポ刈り

 秋深まります。一日一日、色が深まり行くのです。
 今朝の気温が5℃以下。
 この気温は木々が深く色染まる温度です。
 歳と相応しながら進行していますのでひとしお味わい深いです。
 ふと思えば春先、-5℃より気温が上がると、暖かくなった、春が来たと思いました。春の訪れを-5℃で感じます。3月中旬ですか。

 大雪山の雪もまた一日一日下に進んで来ます。今は1000mより下がってきました。
 2時頃まで時雨れていましたが、3時頃から綺麗に晴れて、10日の月が綺麗に出ています。

 大分タンポポの花が増えていまして、薄暗くなってはいたのですが1時間ほど刈ってきました。23日ぶりです。

 前回が9月25日で、16日目でして、今回23日ぶり、やはり冬前で育ちが遅いです。

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

2018年10月16日火曜日 晩秋の三色旗

2018年10月16日火曜日 晩秋の三色旗

 9月中旬は晩秋の三色旗が見えます。
 空の青、大雪山の白い雪、その下に紅葉の山々、青・白・赤です。
 正直言うと、空はややかすんでいて真っ青とは言いがたいのですが。

 白樺の黄の葉が落ちて秋の色が消えつつあります。桜、モミジの赤が頑張っています。
  昨日の雨で、急速に進みました。

愛読ブログ「In deed」の2018年10月14日の記事も面白いです。
https://indeep.jp/what-is-a-background-of-mysterious-polio-like-illness/

アメリカの子どもの間で大流行しており、そして日本でも拡大する可能性のある「全身が麻痺したままとなる原因不明の急性疾患」。その背後にあるものは

今から3年くらい前から気になっていたことについて、その状況が拡大、あるいは一般化してきているような気がしまして、少し書かせていただこうと思います。

世界の主要国に「定着」しはじめているかもしれない謎の疾患

2014年に、アメリカに「奇妙な病気」が出現しました。

という書き出しでの記事です。
引用し始めるとキリが無いので、出だしだけお伝えしました。

最近の動きで面白いのは、沖縄です。
完全に左翼支配下になったようです。
私は完全に右翼化していますので、全くよろしくないと思っています。
さらに過激に、左翼は中国の手先になっていると思っていますので、困ったもんです。

今日のお題目
①体力作り・運動
②ピアノ
③日常生活術
④勉強・脳トレ(無駄なく。記憶力向上努力)
  なんとか左ひざの痛みを減らし、脚力を高め、集中力を高めること。
 取りあえず目指せ、10の沢、十勝大雪縦走

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

2018年10月14日日曜日 行く秋、コナミでトレーニング相談水泳、ミーナ別離

2018年10月14日日曜日 行く秋、コナミでトレーニング相談水泳、ミーナ別離(わかれ)

 黒岳から旭岳まで雪の景色が広がります。
 永山岳の肩からさらに100mほど、1700mへと下がってきました。
 一雨ごとに100m下がる感じです。
 ニセイカウシュッペにも雪が見えます。
 最高の秋の空です。

 ♪ 今日でもう、終わりなの、2018年の秋の空も
 明日からは、山のモミジもナナカマドも
 なにもかも ♪
 冬の景色へと向かいます。

 膝に強烈な弱みを感じています。これじゃ70年代後半の夢をほとんど持てません。
 勇を鼓して、コナミに月2回行くことにしました。まず、3ヶ月間。
 足のトレーニング器具も4~5種類あります。
 ピアノだけでなく運動にも投資しなければならないと心を新たにしています。
 膝を強くすること、腰を強くすることが要です。

今日の歌は、ミーナの別離(わかれ)です。

別離(わかれ) ミーナ

もうこれで 終わりなの
あなたとの 愛のくらし
明日からは ワイングラスも
この灰皿  なにもかも
あなたの  においのするものは
みんな   すてましょう
忘れる為に すてましょ
愛のくらしを
涙もながさないで
想い出と  別れるの
あきらめて 別れるの

訳詞:漣 健児

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

2018年10月12日金曜日、木々が色づき実りが、'Round Midnight

2018年10月12日金曜日、木々が色づき実りが増えています。

 2018年10月中旬、日々秋が深まっています。
 桜、イタヤカエデ、白樺、赤や黄の色が鮮やかになります。

 南の畑のリンゴも赤さが増し、切って食べてみますと甘さがあって驚きました。
 ブルーベリーも楽しみにしていましたのに先日の台風25号の風で実が落ちてしまいました。
 昨年作ったブルーベリージャム、ヨーグルトの白によく合って、朝食に頂いています。

 このキリギリスブログは現在は、キリギリス本人が元気で生きてますの報告ブログにさせて頂いてますので、長く書く必要は無いのです。
 脳トレにも利用しようと、長く書くことも心がけています。
 どうか中身まで読まないで、あ、生きて書いているなと思って下さればうれしいです。
 1日から3日の間に一回は書くつもりです。
 気がついたらこのブログご意見を伺える機能がなかったです。

 昨日11日午後、役場教育委員会の田邊さんがかき餅を持って来られました。10月10日体育の日に、愛別町・鷹栖町、東神楽町3町で、15分以上運動したひとの人数の競争があったのです。今年は愛別町が50%以上でトップとなり、鷹栖町が40%、東神楽町が20%だったかな、愛別町が優勝しました。
 そのお祝いとして抽選で10人の人にかき餅が当たり、わたしも当たったのです。ご馳走様。

 さて、どういう訳か古い 'Round mid-night の曲を思い出します。
 秋深まり行く季節が次に来る、1年の終わり、季節の終わり、1日の終わりと人生の終わりと重なるのでしょうか。

 'Round Midnight

It begins to tell, 'round midnight 'round mid-night,
I do pretty well 'till after sun down;
Suppertime I'm feelin' sad
But it really gets bad 'round mid-night.

Memo'ries always start, 'round mid-night 'round mid-night;
Haven't got the heart to stand those mem'ries
When my heart is still with you
And old mid-night knows it too,

When some quarrel we had needs mending
Does it mean that our love is ending?
Darling I need you; lately I find
You're out of my arms, and I'm out of my mind!

Let our love take wing, some midnight, 'round midnight
Let the angels sing for your returning,
Let our love be safe and sound
When old midnight comes around.

Words by BERNIE HANIGHEN
Music by COOTIE WILILIAMS and THERONIOUS MONK

| | コメント (0)

2018年10月11日 (木)

2018年10月10日水曜日、人工甘味料の危険性

2018年10月10日水曜日  

 最も愛読しているブログ「In Deed」 https://indeep.jp/ の2018年10月7日(日曜日)の記事もショッキングな情報です。

欧州糖尿病学会で発表された人工甘味料による腸内細菌の破壊の研究に関する報道
人工甘味料の「身体破壊の威力」がまたも明らかに : 低カロリーあるいはノンカロリー甘味料は「腸内細菌の環境を徹底的に破壊」し、健全な人間を2週間で糖尿病へと導く可能性

https://indeep.jp/artificial-sweeteners-disrupt-the-gut-bacteria-increasing-diabetes-risk/

 ここには、
・「低カロリー(ノンカロリー)甘味料は、糖尿病を発症あるいは悪化させる要因となる」
・人工甘味料入りドリンクは、脳に大変な悪影響があり、「脳卒中とアルツハイマー病の発症率が3倍になる
と書かれてあります。
 当該ブログをお読み頂き、お子様だけでなく、私たちも糖尿病、脳卒中、アルツハイマー病から守らねばならないと思いました。

 多くのマスコミ報道は、無知の情報を流し、人間を病人にして医療に金儲けさせる機能を持っています。このIn Deedブログは、私たちに健康を維持するための多くの情報を与えてくれると思っています。

 でも昨年、ブロッコリー、カボチャ、ニンジンなど野菜を積極的に食べていましたのに入院したので、自分の健康論に自信をなくしています。
 でも、人工甘味料は危ないようです。

 それはさておき、山々は赤や黄がどんどん進んでいます。
 10日水曜日の雪は永山岳の肩1700mまで下りてきています。
  10月中に紅黄葉は終わり11月はアカシアの黄を残すだけとなりましょう。

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

2018年10月8日月曜日 歳とボケ相応に打つリズム

2018年10月8日月曜日 歳とボケ相応に打つリズム

 愛山では台風25号比較的穏やかでした。
 昭和29年の洞爺丸台風の時は大雪山の倒木がひどかったとのこと。
 その後、それほど大変な風は吹いていないようです。
 この家も昭和29年で、しっかり建った家ですが、雨漏りがしますし、あまり吹いて欲しくないです。

歳とるも良し
ボケも良し

9月良し さやかなる空
10月良し 木々が色づく

台風25号風雨予想が
ほとんど吹かず

歳とるも良し
ボケも良し

しみじみと昔が偲ばれる
良きも悪しきも

そうよね 詩歌というのは
時が打つリズム
歳・ボケ相応に
打つリズム

| | コメント (0)

2018年10月 6日 (土)

2018年10月6日土曜日、台風25号・レダと白鳥

2018年10月6日土曜日

 台風25号到来、9月7日朝9時強雨予報です。
 今朝は晴れ間が見え、紅葉が進んでいます。

 探しものをして屋根裏にあがりましたら、「つる」の文集を見つけました。文集「つる」編集委員会 編集長 小笠原 克、事務局 桒山弥壽男、1981年10月31日、です。
 「つる」は狸小路5丁目の2階にありました。古びてくすんでいましたが居心地の良いところでした。「つる」の開店は昭和25年とか。若い頃は素晴らしく美人で、当時も素晴らしく美人のマダムがいらっしゃいました。山岳部も常連のメンバーの一つでした。
 しみじみと懐かしい文集です。
 そこに自分も短詞をのせています。

  レダと白鳥

  つるをおもう
  壁にかかったレダと白鳥
  丸太を輪切りにした黒光るテーブル

  追コンのころだったのだろう
  狸小路側の窓から
  アーケード一杯に響き渡る
  「はるかな友へ」の男声合唱をきいた
  三部か四部にわかれた実に見事な歌だった
  皆であのように歌ってみたいと今も思う

「つる」から深夜恵迪寮に帰る。道庁から電車通りを北へ。北十一条、病院前停留所の標識は赤地に白文字。並木のイタヤカエデの木の間がくれに見えて浮きあがる。北大構内を通れば、エルムの気が肌にしみいる。

  なんという自然
  星と木と土の闇は
  相対し、生きを喜ぶ己をあらわす

  三十年の樹を讃える
  「つる」を讃える

| | コメント (0)

2018年10月 4日 (木)

2018年10月4日木曜日15:30、快晴の大雪は紅葉で紅く染まっています。

2018年10月4日木曜日15:30、快晴の大雪は紅葉で紅く染まっています。

 北鎭岳2,000mあたりまで薄く雪が見えます。
 ナナカマドの実につづいて葉も色づき、桜も赤くなってきています。
 5月に木々がいろいろな緑色に変わっていったように、10月は黄、赤の多様な色が見えます。
 10月一杯色を楽しんだ後、11月は雪の季節に入ります。雪の季節に向けて衰えきった足を整えなければなりません。
 月2回のトレーニングコースに入ってみました。
 膝がどこまで堪えられるか。

| | コメント (0)

2018年10月 3日 (水)

2018年10月3日(水)忘れたるにあらねども

2018年10月3日(水)忘れたるにあらねども

10月は一番好きな月です。
9月も一番好きな月です。
6月も一番好きな月です。
歳とともに好きさが増します。
歳とともにボケさが増します。

南の畑のリンゴの実がどんどん赤くなります。
こんなに実がなったのは初めてです。
でもしっかり薬をかけなければならなかったので、食べられるものにはならないようです。

リンゴで思い出す詩人はサッポーです。

忘れたるにあらねども   サッポー

たかき樹の枝にかかり、
梢にかかり、
果実とるひとが忘れてゆきたる、

いな、
忘れたるにあらねども、
えがたくて、
のこしたる紅き林檎の果のやうに [上田 敏]

井上正藏編、世界名詩選、學生社、1961年重刷

| | コメント (0)

2018年10月 1日 (月)

2018年10月1日(月)地球的規模の変動の時代

2018年10月1日(月)地球的規模の変動の時代.

 台風24号は10月1日、北海道南西部を通ってオホーツクへ去り、被害が出ました。
 本州中央部方面では大きな被害がありました。
 北海道では胆振東部地震で大きな被害がありました。台風、地震という自然災害が容赦なく襲ってきています。

 愛読ブログ、「In Deed」の昨日9月30日の記事、
https://indeep.jp/probably-thousands-dead-indonesia-earthquake-and-tsunami/
インドネシア・スラウェシ島での地震と津波による死亡者が「数千人」にのぼる可能性 : 2004年スマトラ沖地震、2011年東日本大震災以来の甚大な津波被害に、この21世紀の地球を思う

の中で、インドネシアでものすごい地震が襲ったそうですし、9月29日には、地中海でも、
「地中海で発生する珍しいタイプのハリケーン並の暴風雨『メディケーン』によりギリシャで壊滅的な洪水での大きな被害」、があったそうです。

 国内が大変なのかと思いましたら、地球上で大変な地震、津波、台風(ハリケーン、メディケーン)が続いているのですね。
 前代未聞の世界が来たらしいです。
 いや、もっと厳しい地球的規模の変動が来るのかもしれないと思います。

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »