« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の13件の記事

2018年6月30日 (土)

2018年6月30日(土)白山シャクナゲ、Try to remember 

2018年6月30日(土) 曇

今年の6月は
白山シャクナゲを楽しみました。
今もピンクのつぼみが沢山ついています。
9月雪囲い稲架木をしっかり建てましょう。

老化とか認知症とかの言葉は使うまいと考えましたが、いつも感じています。無理しないで、老化は現実です。

その一つ、「懐かしさがつのる」があります。
「懐かしい」も「老化」というんだな。
「Try to Remember」など耐え難い。

Try to remember

Words and music by tom jones and harvey schmidt from the musical the Fantasticks

Try to remember the kind of September
When life was slow and oh so mellow
Try to remember the kind of September
When grass was green and grain was yellow
Try to remember the kind of September
When you were a tender and callow fellow
Try to remember and if you remember
Then follow, follow, follow…  

Try to remember when life was so tender
that no one wept except the willow
Try to remember when life was so tender
that dreams were kept beside your pillow
Try to remember when life was so tender
that love was an ember about to billow
Try to remember and if you remember
Then follow… follow… 

Deep in December it's nice to remember
Although you know the snow will follow
Deep in December it's nice to remember
Without a hurt, the heart is hollow
Deep in December, it's nice to remember
The fire of September, that made us mellow
Deep in December our hearts should remember
And follow… follow…

| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

2018年6月28日(木) 小雨。雨にシャクナゲ、憲法改正・自衛軍設置

2018年6月28日(木) 小雨

雨に
シャクナゲ
良し
 

雨に
追憶
何故
 

追憶は
冬に限らず
6月も良し
 

年取れば
追憶は
何れの時も
良し
 

大雪キリギリス庭園
6月
緑良し
雨よし
シャクナゲ良し

(大雪キリギリス)

6月下旬になると、大雪山の雪形がどんどん消えてゆきます。
旭岳北西面の「仙人」の人の字も切れました

雨、
安らぎます。

[憲法改正、独立、自主自衛軍]
たびたび申しますが
平和憲法など、国際情勢の現実の中で、極上の寝ぼけ憲法と思います。
たびたび白状しますが、40歳代か50歳のころ平和憲法は望ましいものと思っていました。
左翼が平和憲法遵守を申します。今、左翼は中国の手先だからだと思います。

早急に憲法改正を行い、自国のための軍をもつべきと思います。今の自衛隊は米国を守り、米国に防衛代を払っている屈辱的存在です。
このことは当分くり返し申します。

| | コメント (0)

2018年6月25日 (月)

2018年6月25日(月) 愛別神社御神輿巡行・短詞2詞

2018年6月25日(月)  曇

 午前9時ピアノの練習を始めてすぐ、すぐ町内の方が愛別神社のお神輿が来られる時間だと教えてくださって、すぐ迎えに参りました。
 お迎えが終わって、町内の方とお茶を飲み、語らう中で、まったく久しぶりに洞爺丸台風の話が出ました。はるばると日が経ちました。
 これからピアノ練習、タンポポ刈り、庭仕事です。

 久しぶりに、短詞(詩にまで上れない、短いことば)を2片。

うずき2詞

地図
5万分の1
青春のしるし

ブリガンダキから
ラルキャ峠を超え

ビムダンの
Tree Sisters Hotelへ
行きたし
未だ果たせず

六月

六月
緑の軍隊
戦うべし
年寄り

六月の白い花
ナナカマド
白いライラック
白山シャクナゲ

(大雪のキリギリス)

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

2018年6月24日(日)シャクナゲが豊かで綺麗です

2018年6月24日(日) 曇

 昨6月23日のブログ「白山シャクナゲ麗し、好きな歌もよし」はまとまらないものでしたが、書こうとした対象の白山シャクナゲは美しく、良く歌った山の歌は懐かしいです。
 今年はシャクナゲの花が多いように思います。真ん中のも大きなオンコ陰のシャクナゲもすべての枝に花が着いています。そういえばリンゴの実も始めてつけていいるように思います。植えて何年になりますか、通信で買ったもので8、9年になりますか。

 昨日は朝8時前から2時間あまりピアノ練習をして、昼前2時間、草刈り。午後1時半から3時半まで、2時間、4時から5時半まで1時間半、裏の畑の草刈りと枯れ枝運び。5時間半、時に左ひざに痛みを覚えながらの仕事、少しずつ脚力、体力の回復を感じます。
 
 7月7日は第20回ミッドサマーコンサートです。20回記念ですが参加者が少なく、3人のみです。
 愛山のキリギリスは、自分のピアノ練習に熱心でつい、コンサートに気持ちが向いていませんでした。ピアノ頑張ってます。

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

2018年6月23日(土)白山シャクナゲ麗し、好きな歌もよし

2018年6月23日(土)、曇

昨日22日は雨でした。
新芽のオンコにうもれて白山シャクナゲが綺麗でした。
6月、歌うにも良い月でしたか。

6月の雨
新芽のオンコに埋もれて
白山シャクナゲ
麗し

Le temps des cerises : Cora Vaucaire.も加藤登紀子の「サクランボの実るころ」
も良いです。

「山の大尉」も良いです。

好きな歌を集めて口ずさむわが年老いた6月。良いです。

| | コメント (0)

2018年6月19日 (火)

2018年6月16日(土)、17(日)空沼小屋、18(月)雨鱒、19(火)帰宅

2018年6月16日(土) 快晴
8時前から愛山地区の古紙回収活動でした。
7月7日の第20回旭川ミッドサマーコンサートにむけての準備、遅れています。

2018年6月17日(日) 曇
0700 愛山発
0800 旭川友人宅 国道12号を南下、定山渓へのルートをとり藤野のACoopで小樽方面の二人と落ち合い、簾舞ルートの空沼への道をたどる。鍵付きゲートを二つ過ぎ、小屋まで1km手前で倒木が道を遮り、車はそこまででストップ。徒歩にて1時間、空沼小屋に着く。
 学生時代以来55年ぶりの空沼小屋。昨2017年7月に再建築祝賀会があって、見事の修復されていた。
 万計沼の対岸が素晴らしく深々と多様な緑をみせていた。

2018年6月18日(月) 晴
 空沼小屋を下りて、定山渓小樽内川、さっぽろ湖を通ってヘルベチアヒュッテによる。
 赤井川を通って、雨鱒へ。

2018年6月19日(火)快晴
 雨鱒発 国道5号、苗穂、雁来から懐かしい275号を通って、北上。
 旭川3時半、5時すぎ愛山着。

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

2018年6月14日(木)7月7日第20回旭川ミッドサマーコンサート準備遅れ

2018年6月14日(木) 曇り

7月7日の第20回旭川ミッドサマーコンサートにむけての準備、遅れています。
ピアノ練習12時20分から16時20分まで、4時間、休みつつ練習。
練習終わってYoutubeでBrother Fourを聞いてしまいました。
昭和30年代のポピュラーナンバー、このテンポ。昭和30年代、古きよき時代とはなりました。
タンポポを少し刈りました。
パークゴルフの案内を町内の配布担当の方に配りました。
夕食用の野菜をたっぷり作りました。

2018年6月13日(水)

旭川で買い物すこし。
午後ピアノレッスン。少しずつ進んでいます。寝ぼけてはいけない。コンサートまで3週間になりました。頑張ります。

2018年6月12日(火) 

大きな低気圧があって一日東風が吹いていました。
緑の中のシャクナゲの白い花が咲いていました。

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

2018年6月11日(月)ハウス地を耕耘機で耕すほか、日常

2018年6月10日(日) 

今朝4時の気温は、-1.0℃でした。
旭岳には新雪が積もっていました。
今日は愛山3区の水道タンク掃除の日で、3区総出で小さなプールのようなタンクを掃除しました。周りは新緑が光っていました。

以前、6月25日の愛別神社祭の日に霜が降って、国道沿いのイタドリが枯れてしまったり、畑に植えた苗が皆枯れたことがあったそうです。
6月下旬に霜が降りたことがあったのですね。

6月11日(月) 晴れのち曇
 膝痛。
 午後からタンポポ刈り、雑木集め。
 トマトの苗を買ってあるので、ハウスの跡地を耕耘機で起こす。耕耘機、一発で動いてくれてありがたい。
 明日から雨と風予報なので、納屋の東の戸を立てる。これまた一仕事。
 外へ出ると次から次へと仕事。何もしてなかったと言うことです。

| | コメント (0)

2018年6月 9日 (土)

2018年6月9日(土) 雨の巷に・認知症を楽しむ

2018年6月8日(金) 雨
朝5時、屋根の雨の音に安らぎを感じます。
屋根の雨音といえば、例の学生時代に愛読した詩集に、ヴェルレーヌの詩がでていた。

雨の巷に     ヴェルレーヌ

雨の巷(ちまた)にふる如く
われの心に涙ふる
かくも心に滲(にじ)み入る
この悲しみは何ならん?

やるせなの心のためには
おお、雨の歌よ!
やさしき雨のおとは
地上にも、屋上にも!

消えも入りなん心の奥に
故なきに雨は涙す。
何事ぞ!裏切りもなきにあらずや?
この喪(も)その故を知られず。

故(ゆえ)知れぬかなしみぞ
実(げ)にこよなくも堪へがたし
恋もなく恨みもなきに
わが心かくもかなし。
[堀口大学]

(世界名詩選 井上正蔵編 學生社 1961重刷)

 雨。
 中央ネパール、あれは1968年か、マルシャンディのトンジェから、ナンナプルナの南、ポカラへの道を、暖かい雨にぬれながら稲の田を歩み、粗朶木がけの茶屋に泊まり、大きな河を小舟で渡った。暖かい緑の旅だった。

 午後旭川へ出て、帰りに、相川記念病院院長 中條 拓 詩の「楽しい認知症のはなし」を聞いてきました。
 認知症発症予防に勧められることとして、以下の点を上げられていました。
・頭を使う(新聞・本・声を出して読む・暗算・日記・食事を作る)
・有酸素運動(1日30分の散歩・ジョギング・体操・水泳)
・赤ワインを毎日1~2杯飲む
・青魚(サバ・イワシ・サンマ等)緑黄色野菜・果物中心の食生活。腹八分。
・友人と趣味や笑いのある生活をしてストレスを発散する。何事も意欲を持って生活する
・糖尿病・高血圧の人は血糖値、血圧をコントロールする

6月9日(土)曇
札幌の男山師匠、今日は「寺子屋全道塾」開催です。

| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

2018年6月7日(木)森際散歩、勿忘草、In Deepダーウィン進化論崩壊

2018年6月7日(木) 晴 
 起床は0730 昨夜就寝が2330。
 毎日ノルディックウォーキングをこころがけようと思ったので、朝8時の時間は歩くのに余り遅い時間でしたが、30分ほど森際の道を歩いてきました。
 いい天気で、タンポポが終わり、勿忘草が咲いていました。

 ここ数年、5月末から6月上旬の田植え時は寒い日が続いて、夏がドンドン後ろにずれ込む印象がありました。
 今年2018年はいいお天気続きでした。

 In Deepはもっとも好きでよく見るブログです。
 今日2018年6月7日の記事は下記です。
 
https://indeep.jp/dna-barcoding-survey-reveals-new-evolution-theory/

[特報]ダーウィンの進化論が崩壊 : かつてない大規模な生物種の遺伝子検査により「ヒトを含む地球の生物種の90%以上は、地上に現れたのがこの20万年以内」だと結論される。つまり、ほぼすべての生物は「進化してきていない」
投稿日:2018年6月7日
現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も

ダーウィンの時代の終焉への扉
この In Deep というブログは、気象や軍事や宇宙や料理や園芸などいろいろ取りあげますけれど、その軸にはいくつかの「主題」というようなものも多少はある部分があります。
その中で現行の科学と関係するものとして、以下に関しては、ずいぶんと以前から主張させていただくことがありました。
下のふたつです。
わりと昔からのIn Deepの主張
・ビッグバン宇宙論の全否定
・ダーウィンの進化論の全否定
の2本です。

今回はこのうちの「ダーウィンの進化論」について、それが、ついに「全否定」される可能性が強くなったことについての報道です。

人間を含む現在地球上に存在する生命種のうちの 10種のうち 9種が 10万〜 20万年前に出現したことが明らかになったことだろう。
これはつまり、この地球の生物の 90%以上は「それ以前への遺伝子的なつながりがない」ということでもあり、もっといえば、
・地球のほとんどの生物は 20万年前以降に「この世に現れた」
のです。(引用ここまで)

 長くなりましたが、飛びきりの記事です。
 元記事をお読み下さい。

昨日、6月6日(水)晴、歯科に行ってきました。半年前、脳梗塞で入院したため予約してあったのに行けなかったのです。午後はピアノ、その後で、久し振りに秀岳荘にいってきました。注文していた5万分の1地図を買ってきたのです。余りに山から後退している自分を感じました。まずは、トレーニングから。

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

2018年6月5日(火)井上靖北国より六月、ノルディックウォーキングを

2018年6月5日(火) 晴

詩集 北国 井上 靖 より

六月

海の青が薄くなると、それだけ、空の青が濃くな
つてゆく

街に青のスーツが目立つてくる。それに従つて、
山野の青が消えてゆくのだ。

六月 ―、移動する青の一族。その隊列を横切る
ために、私は旅に出なければならぬ。

(昭和35年、新潮文庫、新潮社)

てっきり、緑色の一族と思っていました。
自分の好きなように記憶を変えていることがよくあります。
六月は緑の軍隊といいたいです。
戦うべし、年寄り、体を鍛えておけ。
ウォーキング以上、ランニング未満、
ノルディックウォーキングで。

| | コメント (0)

2018年6月 3日 (日)

2018年6月3日(日)曇、6月美しい夏、早急に独立国たるべし.jtd

2018年6月3日(日)晴

6月
一番好きな月です。
短い夏の一月です。
7月になると、すでに秋風が吹きます。

6月は、リラ冷えがあったり、
前半には寒い日があったりです。
北海道の夏は寒い日もあります。

また言いますが、日本が独立国であることをめざすなら、当然、自国を守る軍備が必須です。今の自衛隊は、アメリカを守るためのものであって、わが国を守るものではありません。
どこかの国の奴隷に甘んじ、奴隷であることをごまかそうというなら、「平和憲法」というのは聞こえはいいでしょうが、ごまかし憲法です。
自衛隊などと奴隷軍の名を早く返上して、日本国軍とすべきことなど当たり前です。

| | コメント (0)

2018年6月 1日 (金)

2018年6月1日(金)白い花の6月

2018年6月1日(金)晴

6月。
夏です。
白い花の月です。

6月の過去のブログを見ますと、毎年似たり寄ったりのことを書いています。
文章量が少なくなっていて、確実な老化があります。
頭の機能、あわよくば改善をめざします。
無理できませんがウォーキングも少しずつ重ねて行きたいです。
勿論、ピアノ、料理。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »