« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の14件の記事

2018年5月31日 (木)

2018年5月31日(木)小雨、5月の終わり

2018年5月31日(木)小雨

 昨30日は、午前中、胃カメラを飲んで、散髪して、バスで駅に出て、買物公園を散策し、ピアノのレッスンに出かけ、夕方から昔の仲間とビールを飲んで楽しく語らい、18時40分のバスで帰宅しました。
 週一回水曜日は街に出る日ですので、いろいろ仕事を重ねます。それにしましても慌ただしく過ぎました。

 今日で5月の終わり。
 朝、鉄地河原さんがキュウリとトマトを持ってきて下さって、久し振りにお話ししました。
 お昼に女性お二人が、昼食を持って訪ねて下さいました。ご馳走になりながらいろいろお話ししました。
 雨の中、庭に紅いツツジと白いツツジが咲いています。

| | コメント (0)

2018年5月29日 (火)

2018年5月29日(火)裏山30分ノルディックウォーキング

2018年5月29日(火)裏山30分ノルディックウォーキング、脳梗塞診療

 朝6時前に、裏山でストックを持って歩くノルディックウォ-キングを試みました。当分ジョギングを止めにしていますので、ノルディックウォ-キングが一番良さそうです。 午前中は脳梗塞の診察でした。プラス緑内障に白内障も少しあって、賑やかです。歳ですねえ。

 ほぼ一週間に一回、旭川へ出ています。
 ナナカマドの白い花。夏です。

  4月下旬の10日間は、草の緑が萌える季節でした。
 5月は花の季節です。
 6月は緑の季節。
  夏です。

| | コメント (0)

2018年5月27日 (日)

2018年5月27日(日)南の畑は果樹畑・サッポー

2018年5月27日(日)晴れ

リンゴの花が綺麗に咲いています。
サッポーの
リンゴが出ている詩から。

忘れたるにあらねども    サッポー

たかき樹の枝にかかり、
梢にかかり、
果実とるひとが忘れてゆきたる、
いな、
忘れたるにあらねども、
えがたくて、
のこしたる紅き林檎の果のやうに  [上田 敏]

井上正藏編 世界名詩選 學生社 1956

愛山では、田植えとリンゴの花は時期が同じです。
美しいです。
南の畑には、リンゴ2本のほかに、サクランボも2本、永山の師匠から頂いた葡萄酒用のブドウと、鉄地河原さんから頂いた緑ブドウ、キャンベルベルアーリーという青ブドウの3本が育っています。サクランボも2本と先日植えた梅の木があって、南の畑は果樹畑となりました。

| | コメント (0)

2018年5月25日 (金)

2018年5月25日(金)愛山の田植え、リンゴの花

2018年5月25日(金)小雨

愛山の田で田植えが始まりました。
遅い田植えです。

畑にある2本のリンゴに一杯花が咲いています。
水曜日、旭川への道で、ナナカマドの白い花が咲いていました。
8月には赤くなります。秋ですか。もう。

西鋭夫のフーバーレポートを5月から購入始めました。
面白い。

果樹や畑の仕事、芝刈りならぬタンポポ刈りなど始まると止まらなくなります。4時には切り上げないと、すべてが遅くなってしまいます。

ウォーキングもしないと足は弱るばかり。

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

2018年5月22日(火)緑の季節、グリーグリーン

2018年5月22日(火)

緑萌えたつ、愛山の5月下旬です。
白樺、ヤナギの緑がどんどん濃くなっています。石垣山の尾根の雪がわずか残っています。いつ消えますか。
いまぞ緑の季節です。

英語の緑greenには、悲しさの意味がこもっているものが多いような気がします。
Green Sleeves
Green Green
Green Green Grass of Home
どうなんでしょう。英語の緑の意味を続けて考えてみたいと思います。
 
阿部絢子監修 料理・洗濯・掃除は、男の道楽! マガジンハウス 2013、93ページ、
「使ったら洗う。これ鉄則」
男の料理の腕をあげることができますかどうか。

今日は一日綺麗な日でした。
午前中、タンポポ刈り、午後、車庫の片付け。鉄パイプを番線で縛り付けてブドウ棚作り、でした。

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

2018年5月20日(日)、歌・詞の紹介

最近、歌・詞を紹介したくなっていて、振り返ってみました。

2018年4月6日(金)
CD「ドイツ民謡集Ⅶ ドイツ学生の歌」徳間ジャパンコミュニケーションズ、1998
Nun ade, du mein lieb Heimatland(さらば故郷よ)

2018年4月3日(火
サッポー
 月は入り
   すばるも落ちて
 夜はいま
   丑満の
 時はすぎ
   うつろい行くを
 我のみは
   ひとりしねむる
 (呉茂一訳、世界名詩集大成①古代・中世編、平凡社、昭和35年)

2018年3月27日(火)
ミネトンカの湖畔にて -- アメリカ民謡

2018年3月21日春分の日
Because the sky is blue
It makes me cry
Because the sky is blue
(The Beatles,  Because

2018年3月14
ドイツ青春の歌大全集から、
Wanderlied 
Wohl auf, noch getrunken den funkeln den Wein!
Ade nun, ihr Lieben, geshieden muß sein
Ade nun, ihr Berge, du väterlich Haus!
Es treibt in die Ferne mich  mächtig hinaus, hinaus!
Juvivallera, juvivallera, juvivallerallerallera!
Juvivallera, juvivallera, juvivallerallerallera!

2018年2月28日(水)
ヒュッテの夜 深田久弥作詞 高木東六作曲
雪の青さを 透(とお)す窓
湯気に凍った花ガラス
ぬくめた指で字を書けば
そこから融けて跡もなく
耳を澄ませみちかたに
なるもののあり 心かよ

2018年2月24日(土)
はるの山楽し、山本学治作詞作曲、山で唄う歌2,茗渓堂、1956初版
はるのやまたのし たにまのおがわに
みどりぐさうつりて わかめかおるもりよ
tra la la tra la la tra la la la tra la tra-le li o!
tra la la tra la la tra la la la la la tra la tra le li o! 

2018年2月2日金
五月の山に Im Maie
明るい日ざし輝やき 白雪とけて流れ
せヽらぐ水も楽し  春の山よ
ヨホリホーリホレリホ 楽し春の山よ
ヨホレリホーリホーレリホ  楽し春よ
スイス民謡 朝倉 宏 訳詩 山で唄う歌 2、茗渓堂 1967再版

2018年2月 1日 (木)
春の朝  ブラウニング
時は春、
日は朝(あした)、
朝(あした)は七時、
片岡(かたをか)に露みちて、揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛(かたつむり)枝に這(は)ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無(な)し。
[上田 敏] (世界名詩選 井上正蔵編 學生社 1961重刷)

2018年1月 7日 (日)
2015年11月24日に、李白「静夜思」、2014年2月28日に陶淵明にふれた事がありました。杜牧(とぼく)の山行(さんこう)です。 
遠上寒山石径斜
白雲生処有人家
停車坐愛楓林晩
霜葉紅於二月花

遠く寒山に上れば石径斜めなり
白雲生ずる処人家有り
車を停(とど)めて坐(そぞろ)に愛す楓林の晩(くれ)
霜葉は二月の花より紅なり

2017年10月 8日 (日)
稲架がけ、「そよ風と私」

稲束の
軽さに想う
我が人生

軽くとも
余生と来世
まだ続く

軽くとも
「今」この現実に
生きるのみ

午前中の稲架がけに。
風、
ほほに爽やかな風、
稲架の稲わらに吹く、
風、
その風と私。

稲束の軽さを嘆きつつ、「そよ風と私」(Breeze and I)を思い出す。
思い出し痛むことの多い第3期第2ステージ
(自分の短詞)

2017年9月1日快晴。

9月の快晴。
オホーツクの風。
水晶の秋。

はがき。
懐かしき方の
旅立ち。
(短詞)

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

2018年5月17日(木)、ピアノレッスン楽し

2018年5月16日(水)快晴

 5月15日午後夏が来たと感じたのは理由がありました。午後1時から6時まで20℃を超えていたのです。夜中1時から5時までは1桁の温度でしたので、夜はまだ寒き春でした。
 愛山は上川気象観測所とほぼ同じ気温なので、愛山の気温を推測しています。
 
 暖かくなりありがたいです。雪もいいと頑張ってますが、やはり歳です、暖かいのがいい。ジョギングで痛めた左ひざ、簡単にはよくなりません。階段を上がるのに左を相当にかばいます。重いものは持てません。
 2、3ヶ月で良くなって欲しいです。

2018年5月17日(木)小雨、午後晴れ間

 毎週水曜日はピアノレッスン。
ピアノの初歩の楽しみを得ています。
2週1回のレッスンと毎週レッスンでは全く密度が違います。習い事は毎週でないといけません。
 先生からいくつか誉められることがありうれしいかぎりです。
 月2回の個人レッスンを受け始めたのが72歳の時です。最初から毎週受ける気持ちがあったかどうか?なかったです。
 男山師匠との差は開くばかりと言うこことがだんだんわかり始めたのです。実はピアノのことはほとんど全く分からなかったらしいことが今、分かります。3年かかりました。
 今になってやっと、真剣になった(少し)と言えます。
 ありがたきかな、です。

| | コメント (0)

2018年5月15日 (火)

2018年5月15日(火)、五月晴れ、愛山に夏は来ぬ

2018年5月15日(火)五月晴れ

あっという間に愛山に夏が来ました。

昨日、エゾヤマザクラが満開ですとお伝えし、今朝も旭岳、北鎭岳、大雪連山は真っ白ですと春の景色でした。
愛山の春はと言えば、4月下旬、緑の草が芽生え、5月上旬、桜が咲き始めまして、春が来ました。

でも、今日5月15日午後には夏が来て、夏の暑さとなりました。
春は、せいぜい25日間です。

刈払機で草刈りしながら、北壽老仙を悼む。
「タンポポの黄にナズナの白ろう咲きたる見る人ぞなし」。中学の時、オレタチが皆に朗読を当てたが、誰も満足に読めなかった。
はるばる北の国まで来たものかな。しみじみ痛むがごとく懐かしい。

夕食の献立。
玄米、キクラゲの味噌汁ののこり、北海道のそば粉100%のそば汁醤油味、ノルウエー産サバ塩焼き、豚バラ肉わざわざ脂身落としの生姜焼き、舞茸炒め残り、カボチャ煮残り、茹で小松菜。準備は午後4時45分から頂きますは午後5時25分、40分でできあがり。どんどん手際よし。

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

2018年5月14日(月)、キリギリス治療農場)

2018年5月14日(月)曇
 39号線沿いのエゾヤマザクラが満開です。

 タンポポも咲いてきて、こいつは早く手を打たねば。
 今シーズン初めて刈払機を使って、草刈りしました。

 昨年11月の脳梗塞で、記憶喪失が相当進んでいたらしいのですが、ささやかとはいえ、農作業しながら機能回復できそうに思います。実はどの油を使うのか、ポリボトルを見ながら迷っていました。作業をしながら思い出すようです。農作業療法といっても良さそうです。
  農業の真似事をやりたいと思ったのは、実は、自分の老化病の準備をするためであったかもしれません。キリギリス農場は治療農場であります。
 また、ホラがひどくなってきました。

 加えて、60から70年にもなろうかというグランドピアノ、これなんぞ音楽療法のためといえます。

 ついでですから、料理も料理療法といってもいいでしょう。
 そうです、キリギリス農場は最高の治療農場です。

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

2018年5月13日(日)今日の食事メニュー

2018年5月13日(日)午後小雨

午前じっくりピアノ練習、2時間。

昼食は十勝白銀荘で買ってきた上富良野産、ちいさな農家の5・5そば。おいしかったです。
夕食は、玄米ご飯、きくらげと小松菜のお味噌汁、ノルウエー産の鯖塩焼き、舞茸の醤油味煮、ニラの卵とじ、カボチャ・ブロッコリ・ニンジンの煮物。5時から作り始めて5時45分で「頂きます」できました。手際よくできました。
 朝食は定番の、コーヒー、牛乳、ヨーグルト、ブルーベリージャム、
カボチャ・ブロッコリ・ニンジンの煮物でした。


| | コメント (0)

2018年5月 8日 (火)

2018年5月6日(日)愛山はまだ春浅き。人は医療用家畜か。

2018年5月6日(日)小雨

 昨日はこどもの日でしたが2・3区常会でした。子どものいる会員が少なくなりました。 午前中にはあられが降り、少し積もりました。大雪山にも新雪が見えました。

 ご近所にある山桜の花がふくらみ始めました。この樹が咲くと愛山の春です。
今朝、裏山を5kmほど、ノルディックウォーキングしてきました。これ膝にやや優しくて良さそうです。
 エゾノリュウキンカが咲いていました。

愛読しています In Deed の昨日の記事を紹介します。

BMJの医学論文「悪玉コレステロール値の高い人のほうが長生きだった」 : これにより世界で最も処方されているコレステロール薬スタチンが無意味か、あるいは「人の短命化に貢献している」可能性が判明
https://indeep.jp/statin-is-nothing/
投稿日:2018年5月5日
(一部引用)
正直、私自身の中にも今の日本社会の医療という存在にはかなりの憤り、あるいは怒りさえありますが、そういう怒りや憤りには意味がないと自分自身で知るべきだと考えています。
大事なことは、何かを責めることではなく、個人個人が「たとえば、自分が処方される側になった時に正しい知識を持って冷静に対処することができるかどうか」ということだと思います。
いつの日か、全員がそのように冷静に対処できるようになれれば、今のような「地獄の薬社会」は少し後退してくれる可能性もあるのかもしれません。「穏やかで美しい拒否」という態度はとても大事なような気がします。
(引用ここまで)

 時々思うのですが、人は、とくに先進国の人は製薬会社の医療用家畜ではないかということです。勿論、私も、昨年10月末、召されて入院し、脳梗塞の薬をエサとして与えられました。喜んで常用しています。
 基本的には、食養(菜食重視。動物タンパクも積極的に)を心掛けているつもりで、「梅エキス」をお腹の調子が悪いときに飲んでいます。「脳梗塞」なんて立派な名前をいただいて、処方された薬を飲んでいます。いわば医療用家畜ですね。

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

2018年5月4日(金) 朝の散歩、You'd be so nice to

2018年5月4日(金) 曇り

今朝は5時15分から3km30分ほど散歩しました。
散歩の道にエゾエンゴサクが咲いています。

永山岳の大斜面、旭岳は新雪で真っ白でした。
中段のハイマツは緑で黒く、夏の色です。
まず、歩くこと、これを最優先するのがいいのでしょう。7km、1時間をめざします。

山の歌ばかりじゃないよ、といいたくて、ジャズ、スタンダード曲を一曲。

You'd be so nice to come home to
     Words&Music byCole Porter
You'd be so nice to come home to
You'd be so nice by the fire
While the breeze on high sang a lullaby
You'd be all that I could desire
Under stars chilled by the winter
Under an August moon burning above
You'd be so nice, you'd be paradise
To come home to and love

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

2018年5月3日(木)憲法記念日

2018年5月3日(木) 曇り

 今日は憲法記念日です。
 私は20年くらい前まで平和憲法擁護論者でした。今は平和憲法破棄論者です。平和憲法なんて冬山のお花畑みたいにあり得ない幻想です。
 中国によるチベット侵略を許せません。沖縄侵攻も視野に入っているでしょうし、北海道の大規模な土地買収を終えています。
 戦争の備えなしに、平和は維持できないです。自衛隊がどうのではなく、自立した国として、平和を守るため、軍は必須です。
 
 憲法記念日ですので、申します。早急に憲法を改正し、平和憲法を破棄すべきです。

 4月下旬は愛山の方は少しずつ草が緑いろに変わりはじめ、5月に入ってぐいぐい春めいてきました。
 昨日、旭川に出ましたら、春になっていました。桜ほかの花が咲き始めていました。
 春は5月の前半まででしょうか。5月後半には夏の緑になっているでしょう。

|

2018年5月 1日 (火)

2018年5月1日(火)ツツジ咲き始め一瞬の春

2018年5月1日(火) 0800時小雨

 当キリギリス農場の季節感ですと、一年は葉月と雪月の2季節で、間に春と秋が短く挟まります。
 4月下旬から葉月の始まりで、地面からフキノトウ、芝が芽吹き、敷地に緑が増えて行きます。
 5月1日、小雨で気持ちが安らぎます。秋10月の雨にも安らぎを感じたような気がします。
 5月というと内地では夏ですが、こちらツツジが咲きはじめて桜も咲き始め、短い、一瞬の春です。

 「春雨にぬるるアカシヤ花」の恵迪寮寮歌があります。好きな歌として歌っていましたが今、気が付けばアカシアの花は夏の花、6月の花です。作詞の高橋北雄君は、四季を歌う最初に春を置きたかったのでしょう。
 今朝、小雨の景色を窓から見ていて、春雨の言葉がきて、自然と春雨にぬるる、とつながったのでした。

 しきりに懐かしさがつのります。療遊期の象徴なのでしょう。
 脳梗塞の程度と、昔を懐かしむ時期が重なっているかもしれません。昨年11月の入院の時期は幼児期小学校期をよく思い出していました。少しずつよくなるにつれ、学生時代の思い出となり、その後、現職時代へと移ったようにも思います。

 すみません。アンチエイジング活動として、ブログ書きを利用しています。見て下さる方に感謝です。
 永山のお師匠様に短く書きなさいとご指導いただいているのです。長く書けるようになったことは体力が少しずつついてきていることとご容赦下さいますよう。

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »