« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月の15件の記事

2017年8月31日 (木)

2017年8月31日、8月反省、勝手に藤井厳喜派、憲法改正派宣言

 今日で8月も終わり。寒いです。肌着は、上下とも長いのを着ています。
 8月「も」であります。8月「は」でも良かったのですが、人生第3期第2ステージとなりますと、「も」の方が親しめます。
 
 この8月も味わい深かった。以下自分のいくつかのテーマをメモします。とりあえず、半年から1年分の目標とします。

1.体のことでは、気力低下ひどくなり、どうなるかと思いましたが、深く呼吸するよう努力すると、少し気力が回復しました。
 あえて挑戦した石狩川トライアスロン部門、老人修正部、泳ぎ、走りながら適当に距離を変えました。このトライアスロン今年は自分一人でした。来年もやるつもりですが、また、一人かも。目標は、オリンピックディスタンス(スイム1,500m、自転車40km、ラン10km)5時間以内です。
 11月、12月、3月黒岳、4月ニセイカウシュッペ、十勝・三段山、5月北鎭岳
 塩谷信男の正心調息法を意識します。気力がなかったのは夏バテだったかもしれません。

2.食べ物についてです。
 心筋梗塞・脳梗塞を合わせた血管障害で死ぬ率の方がガンよりも高いのです。
 ガンは免疫力を高める料理に加えて、血管強化も意識します。
 野菜、キノコ、海草、大豆、果物を果敢に攻める。添加物は控えます。
 今のところ、行き当たりばったり、適当に、野菜、納豆・豆腐・海草・魚・肉を買って、適当に作って、適当に無駄をしています。1週間と言うか、次の買い出しまでの食べ物計画をたてること。
 料理の技術を高めます。

3.国際情勢・北朝鮮・歴史認識・日米安保・マインドコントロールについて。
 いよいよ日米同盟が問われます。米国が日本を守ろうが守るまいが、憲法を改正し、自衛活動を自主自立で行うべきです。そうではなくて、憲法改正、自主自立、独立国家の建設が問われます。
 他国に国を守って貰おうなんて、恥ずかしい。
 私自身のことをマインドコントロールされ続けた人間と規定していますが、日本のミーハーのほとんどすべてが、マインドコントロールされているのではないですか。74歳、退職後自由に資料を見る時間を得て、「やっと!」です。他の大多数の方々が、マインドコントロール下にあっても分からないのは仕方ないです。
 日本は独立していない。米国の属国、言いなりの国、それに気が付いていない。だからとっくに終わった国と言っているのです。
 北朝鮮が挑発してくれれば、左翼とか都民の方々のなかに、憲法改正に賛成する人も出るかもしれない。
 早く憲法を改正し、中国、北朝鮮と対等の自主自立国になるべきと思います。
 と言うわけで、当分、藤井厳喜派で行きます。護国派といいましたっけ。
 これまで遠慮しながら、憲法改正、軍備増強を言っていましたが、遠慮しないことにします。

4.ピアノ
 毎日2時間練習を目指します。
 クリスマスコンサート目指して、
・ピアノ演奏 「ヘンデルのサラバンド」
・弾き歌い 「枯葉」英語版
・連弾、「ボレロ」
・合奏:カントリーロード、イマジン、ハッピークリスマス、ジングルベル、聖しこの夜。

 このブログも記述内容が老化が進んでいます。文字の間違い、文章の並びに短絡的のような気がします。内容もあまりに急変と言われるかもしれませんが、自分では国際認識、歴史認識が深まっていると思っているのですがどうでしょうか。

| | コメント (0)

2017年8月30日 (水)

2017年8月30日、護国派なるもの

 寒くなりました。今朝6時、9℃、一桁温度で、陽がさして12℃になりました。
 いよいよ冬です、私の感覚では。

  今日で先週金曜日から連続6日のブログ投稿です。
 こは如何に。藤井厳喜氏の「ワールド・フォーキャスト」を読み始めて強く刺激を受けました。私が感じていたことを見事に言っています。
 一つ、トランプ大統領の肯定的見方、一つマスメディアのインチキ、一つ韓国の消滅と中国の侵略、一つ憲法改正、一つ、軍備強化などなどです。非常に同感するオピニオンリーダーです。この考え方を広めるべしと彼は言っています。かぶれ屋の私、大いにかぶれ、別の言い方、洗脳といいますかマインドコントロールされまして、元気に頑張ってみようと思います。

 護国派と名付けてみます。
 改憲、軍備増強、自主自立です。藤井さんの本はまだ少し読んだだけです。西 鋭夫、北野 幸伯の仲間であるはずです。
 靖国神社参拝は当然です。まだ参ったことはありませんが、大戦中に亡くなった方への慰霊は当然でしょう。
 20年30年前の護憲左翼の時代の私には考えも及ばなかったことです。


 遠藤 誉「毛沢東 日本軍と共謀した男」新潮新書2015 を購入し少し読みました。中国史の内情の一端を知ることが出来ます。
 (帯から引用)

 驚愕!人民を裏切っていたのは「建国の父」その人だった。国民党の情報を日本に提供し情報提供料をゲット。スパイの潘漢年と通じ、日本に停戦を申し入れ。「抗日に兵力の10
しか注ぐな!」。「南京大虐殺」とは一度も言わなかった。皇軍には感謝、左翼の「謝罪」にうんざり。「国民党潰し」に戦後も日本軍人の協力を要請
(引用ここまで)

| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

2017年8月29日、北朝鮮北海道へミサイル一発

 今朝6時、北朝鮮が弾道ミサイルを一発、北海道方面に撃ちました。
 日本は北朝鮮が打ち上げたとたん、臨戦態勢を取り、北海道に向かっていると見た途端、ミサイルを撃って、打ち落とすべきです。そうすることを北朝鮮、中国、ロシア、米国に示しておかねばなりません。一発必中の迎撃ミサイルを持たねばなりません。

 そのまえに、憲法を改正し、戦争の自由を得ておかなければなりません。
  早急に憲法を改正し、自国を守る戦争の自由を宣言するべきと申します。平和憲法があれば戦争にならないなんてことは絶対に思いません。
 早急に軍備強化を行い、自衛隊は国を守る軍隊として、強化すべきです。
 核兵器を持つことについては、判断を保留します。
 2017年8月時点での私の主張です。

 北朝鮮は、日本と準戦争状態にあると思います。
 拉致問題は準戦争の中での出来事とみるべきですね。日本は武力を使い戦争するつもりで北朝鮮を攻め、拉致された人々を取り返す覚悟が必要です。
 中国とは、情報戦争のなかにあると思っています。日本は軍備の強化だけでなく、情報機関の早急な充実が必須です。
 中野学校に匹敵する情報学校も早急に必要です。
 経済戦争では、中国のいいなりに見えます。

 安倍首相が人気がないのは、憲法改正言っているからと思います。
 私たち国民は戦争が恐ろしいのです。私たちが死ぬのが恐ろしいのです。だから、死を覚悟している軍隊を持つ国に頭が上がらないのです。だから。韓国、北朝鮮、中国、米国に馬鹿にされるのです。
 5年ほど前から、平和憲法に疑問を持っていましたが、今年、はっきりと平和憲法反対、憲法改正を主張します。
 男というか、国民は、何歳でも、自衛軍隊に入る自由を持たねばなりません。
 74歳の私も自衛軍隊に入る覚悟を持たねばなりません。
 だから「年寄りよ体を鍛えておけ!」

| | コメント (0)

2017年8月28日 (月)

2017年8月28日藤井厳喜中国イギリス金融戦

藤井厳喜の講義、日本人が知っておくべき世界の裏側
特典3:中国イギリス金融戦:AIIBと地に堕ちた大帝国。
 2015年4月の講義です。
 かのイギリスが、中国に頭が上がらなくなっていることが英国のAIIB加入で見て取れます。
 藤井氏は、「文化大革命に匹敵する内乱状態になりつつある}といっています。
 親中だったキッシンジャーもカーターも親中をやめたとか。やはりそうでしたか、キッシンジャーでさえ、中国を見限りましたか。
 習近平、どうなりますか、分かりませんね。経済的には崩壊とのことですから、対外的に戦争に向かう恐れ十分です。勿論、尖閣はとるでしょう。沖縄も独立させる方向で動いています。勿論中国寄りの政権を作るでしょう。
 
 早急に憲法を改正して、戦争する自由をもち、軍備を整える必要があると思います。
 一番危険なのは、どこかに操られたマスメディアとそれを鵜呑みにする国民です。
 都議会選挙での付和雷同的な都民の無知、都民は変わらないですね。
 今、安倍首相は戦後一番まっとうです。国際情勢を把握し、憲法を改正しようとしています。
 平和憲法で中国に対抗できると思っているのですか。
  戦争が避けられないとすると、負ける戦争は絶対に反対だ、と言うべきでしょう。

 とまあ、10数年前まで、護憲左翼だった私の言うことですから、説得力ないでしょうか。でも、最近の中国の動きの中で、西鋭夫、北野幸伯、藤井厳喜などを読めば、私のように考え方が変わっても不思議はないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

2017年8月27日第5回石狩川トライアスロン

 今日、8月27日日曜日は、第5回石狩川トライアスロンでした。
  4日前の23日水曜日にはまだ気力が出なくて、日曜のトライアスロンに出席できるかどうか分からない状況でした。
 23日にりょうた君とゆうへい君のお母さんに電話で尻を叩かれ、塩谷信男さんの呼吸法を思いだし、ほんの少しやってみて、気力再生を感じはじめました。昨日のブログの終わりに、「年寄りよ、体を鍛えておけ!」と書いてしまいましたので、用意して出かけました。
 確かに呼吸は大切です。夏バテだか酸欠だか分かりませんが、気力ゼロだったのに、少しやる気が出始めました。結局、参加者は私一人でした。

0910 愛山発 花咲町で少し買い物をして、1000 花咲公園駐車場着。
1015 水泳開始。誰も泳いでいない50mプールで泳ぎ始める。
1055 750m、泳いで上がる。500mのつもりが750mに延ばす。
1140 駐車場で自転車を整えて出発。
1240 比布大橋着。10分休憩後、1250発
    5分後、当麻のグライダー飛行場で2機のグライダーが飛び上がるのを見る。軽飛行機一台、牽引用のトラック一台、バス一台と大がかりな遊びの一団でした。
1400 花咲公園駐車場着。自転車調子よくて40km。
1420 ラン開始。本来なら10kmのところを5kmと半分にする。
1530 公園駐車場着。体が走るのを嫌がるので、帰りは落ちているものを拾いながら帰る。
   すぐ近くの健康ランドでお湯に入り、帰りにラーメンを食って帰る。
1930 愛山着。

 来年2018年は、8月26日日曜日に、第6回石狩川トライアスロン(オリンピックディスタンス、水泳1,500m花咲公園プール、自転車40km層雲峡サイクリングロード比布大橋まで往復)、ラン(サイクリングロード10km)で開催することとしました。目標はオリンピックディスタンスですが、種目、距離とも参加者が好きなように設定してよろしいです。今日、私も開始前は、水泳、500m、自転車、20km、ラン、2kmにするつもりでしたが、調子よかったので各々距離を延ばしました。
 トランジッションの時間は気にしないこととして、花咲公園の駐車場を基地とすることにしましょう。
   帰りに
自分のための賞品、シングルモルトを買ったのですが、必要なら各自のための賞品を用意してください。
 天気予報は晴れでしたが、10時半まで雨がぱらつきました。例年雨が降ります。8月下旬は晴れ予定でも雨が降ると思った方が良いです。晴れ予報でも軽い雨合羽を、雨予報ならしっかりした雨具を用意すること。

  
 例年、1回は自転車の前に蛇がいます。驚いて急ブレーキをかけないこと。以前、目の前の蛇に急ブレーキをかけて転倒し、きれいなお顔にひどく怪我された方がいらっしゃいます。
 サイクリングロードは気持ちよくて上手半分は河川敷の木々が大きくなって茂り、心地良いです。相当に贅沢です。層雲峡までつながったら、さらに楽しめそうです。
 これからも多分、正心調息法で気力を回復できそうな気がします。

 故郷のため、国のため、私のため、年寄りは体を鍛えます(笑い)。

| | コメント (0)

2017年8月26日 (土)

2017年8月26日、藤井氏の「ワールド・フォーキャスト」さらに刺激されます

 8月26日、雨。静かな雨は安らぎます。いよいよ冬に向かいます。あせります。
 8月下旬、秋、真っ只中、ぶどう、ブルーベリーが色づいています。ここ2、3日草刈りをしています。

 藤井厳喜氏の「ワールド・フォーキャスト」を見て、国際情勢の現状が思ったよりはるかに緊張したものであることを知りました。

 トランプ大統領に関わる問題、安倍首相批判の問題が、メイン・ストリーム・メディア(msm)の偏向によるものとの説明も納得のゆくものでした。日本のメディアについて、相当前から「終わっている」思っていましたが、藤井氏も米国のメイン・ストリーム・メディア(主要メディア)も日本も同様、嘘でっち上げで相手をつぶすらしく、納得でした。
 韓国も終わっているらしいと思っていましたが、フォーキャストの中で「韓国は消滅する、朴槿恵弾劾で韓国崩壊へ舵を切った」の言葉でギョッとして、そこまでいっているかと思いましたが、すでにその論調は以前からあったのですね。

 今日のmsnニュースに、ダイアモンド・オンライニュース、櫻井よしこ、2017/08/18、”韓国はもはや「内戦」状態…北朝鮮が全半島を支配する日”の記事が出ていました。
(以下引用)
 洪氏はかつてこう語っていた。
「文氏が大統領になれば、大韓民国は事実上、消滅し、北朝鮮が全半島を支配するようになります」
 重要政策に関する文氏の発言を辿ると、洪氏の警告が大袈裟ではないことがわかる。
(引用ここまで)
 韓国の文大統領は、北朝鮮と一緒になるつもりらしく、米軍を韓国から追い出す方向らしいです。米国もその方向ですでに動いているらしい。対北朝鮮、対中国では韓国は味方と思っていましたが、敵となる方向です。拉致の国、北朝鮮、核武装の国、北朝鮮が目の前に来るのです。
 そこまで行ってたか!まるで平和憲法擁護者のごとくお目出度い私の反応です。

 南シナ海での中国の軍事基地造成をみれば中国の外国侵略の姿勢が明白です。
 チベット侵略、ウイグル侵略、核実験によるウイグル人虐殺など、周恩来の穏やかな雰囲気とは全く違った侵略国家の姿です。

 早急に憲法を改正し、軍備を増強すべきです。絶対に勝つ側につかなければなりません。 日米安保反対でしたが、今や、日米安保必須です。
 私は単純そのものらしいです。家族が襲われたなら、戦争する、です。戦争は絶対いやだなんて、いいません。家族を守るために武器を取ります。戦争にでかけます。
 占領されて、女を出せと言われて、出しますか。馬鹿馬鹿しい。
 世界平和のために戦争は放棄しました、なんてアホなことも申しません。

 もう一つ、我が国を守るために、外国の兵士に守って貰う、なんて屈辱的で卑怯といわれるような国は嫌です。
 命を賭けて国を守るのが自衛隊です。憲法を改正して、国が戦争する自由を持たなければなりません。自衛隊、良い呼び名です。自衛のためには、戦争をいといませんという自衛隊です。

 最近の私は、老化が激しく、ボケも進み、考え方が右翼化しています。自分自身をマインドコントロールされてきた存在と考えています。
 自分のたどってきた道は、ノンポリから、反米護憲左翼へ、退職後だんだんと、米国との連携必須、憲法改正、自主自立、を目指すようになっています。当分、米国の隷属国であり続けねばなりません。自立への一步は、憲法改正です。戦争の自由、その権利確保と思います。
 平和憲法は米国による日本支配のための素晴らしい法律だと思います。
 
 再度、「年寄りよ、体を鍛えておけ!日本自立のために。」

| | コメント (0)

2017年8月25日 (金)

2017年8月24日藤井厳喜氏「ワールド・フォーキャスト」に痛快に納得

 走る気が起こらない、トレーニングする気にならない日が続いていて、参っています。例年試みていたトライアスロンも無理な状態です。せめて水泳少しと、自転車少しでも、試みたいのですがどうでしょうか。夏バテでしょうか。
 呼吸、姿勢、夢・イメージ、さて回復可能か?

 国際関係の勉強では、素晴らしい情報源に出会っています。藤井厳喜氏です。以前、慰安婦問題で見事に納得できる講義をお聞きしていて、今回、彼の「ワールド・フォーキャスト」(月2回)を一年購読することにしました。ほかに6講義がついています。私にとっては非常に高額の21,384円(税込)ですが、申し込んですぐに、フォーキャスト2回と講義を二つ視聴しておおいに満足しました。
 10年以上新聞は取っていません。取らなくて良かったです。高いお金はかかるし、まともなニュースはないし、精神衛生は悪い。とらなくて良かったと思います。ただ、古新聞のないのに困って、よそ様に貰っています。
 藤井厳喜氏いまのところおすすめです。
 視聴した中に、アメリカの主要マスメディア、CNN、ニュー・ヨーク・タイムス、ウオール・ストリート・ジャーナルなどをメイン・ストリーム・メディア(MSM)というそうですが。揃って全力挙げて、嘘、でっち上げ総動員でトランプ大統領を引きづり落とそうとしているそうです。
 トランプ大統領が主要メディアを嘘つき呼ばわりしているの根拠のあることらしいです。MSMはなりふり構わない非常にあくどいやり方をしている。就任演説時の観客動員写真も嘘だった。クリントン夫妻を巡って非常に疑わしいことがあるらしい。
 ロシアゲートの話題もこれまたでっち上げで、むしろ民主党の方に疑いが多いらしく、これ以上追求すると民主党にブーメランで帰ってくることになるとかで、もう話題にならないでしょうとのこと。
 日本の主要メディアもアメリカと同じと言ってます。そうでしょう、そうでしょう。
 
 日本のマスメディアがなぜあれほど安倍首相を批判するのか訳が分からなかったのですが、トランプ大統領と同じように阿倍首相を下ろしたい一派が動いているのです。

 私はテロ防止法を支持しています。藤井厳喜氏も当然のことと、支持しています。世界の188か国が批准しているそうです。
 常々疑問に思ったことスカッといってくれるので全く、精神衛生が良いです。

| | コメント (0)

2017年8月22日 (火)

2017年8月22日ピアノ少し成長、ホイル焼き、外人に土地売るべからず

 8月21日月曜日はピアノのレッスンの日、先生にすごく誉められました。やっと分かってきたことは、いや力を抜くことなのですが、言葉で分かっても、出来ていないのです。おそろしく難しいことなんだということが分かってきたという成長ぶりなのです。一音、いい音を出すには、すごく多くの課題があるらしいです。叩けば音は出るのですが、いい音は出ないということが分かり初めてのです。

 田んぼが堅く乾いてひびが入っています。心配すると皆さま大丈夫と言われます。
 今日22日8火曜日雨が降っていました。ほっとしました。降りすぎても困りますが、本州東北では長雨で日照がたりず成長差心配だそうです。

 夕食にはホイル焼きにしました。良い鮭の切り身とヒラタケ、ニンジン、ナスも入れてみました。初めてです。簡単にできましたので、たびたび作ることになります。

 ダイヤモンド・オンラインの8月22日記事に、櫻井よしこ氏の、「日本の国土が次々と中国などの外国資本に買収されている。背後にあるのは、習近平国家主席の新シルクロード経済圏構想「一帯一路」だ。国土があってこそ国が存在する、このあたりまえの事実を、私たち国民はどこまで認識しているだろうか?」との記事が出ていました。
 確か農地を外国資本が買えるようになりましたよね。このとき、外国人に土地、特に農地を売ってはならないと思いました。
 水資源としての山林を中国人が買っていることも知りました。
 決して外国人に土地を売ってはいけないと思います。戦略的に。
 ここにも、戦後の呆けた政治家と、官僚と、国民の姿があると思います。
 早急に外国人が土地を買うことが出来ない法律を作るべきと思います。

| | コメント (0)

2017年8月20日 (日)

2017年8月20日、愛山神社祭、料理基礎

 昨日、今日と愛山神社祭でした。
 愛山地区は人口は何人くらいでしょう、決して多くはないのですが、立派なお祭りです。とくに花火大会が素敵です。お店の方からのものもありまし、町内の方からお孫さんが無事に生まれたからと、隣町に引越してお世話になったからとか、個人的なお礼で打ち上げるというのがまたいいです。花火の打ち上げは、旭川のおもちゃ屋さんが打ち上げますが、すべて地区の方々で準備します。
 7年前でしたか、私もシャモニ-ツェルマット間のオートルートを完走出来たらと考えていましたら、完走出来たので感謝を込めて打ち上げて貰ったことがあります。最近体力劣化が激しいので、なにか目標をたてて、成功すればまた考えようかと思います。

 以下、料理基礎の資料です。
 ○心掛け
 ・添加物を控える
 ・外食を少なくする

(1)強い血管を作る(杉岡充爾、「強い血管を作る5つの習慣、同文館出版)
①ビタミンC、E・A・B
②糖質は血管を急激に老化させる。
③血管が若返る野菜
 タマネギ、ニンニク、ネギ、ブロッコリー、
 トマト、ニンジン、レタス、ゴボウ、アボガド
④血管が若返る果物
  リンゴ、スイカ、ブルーベリー、ミカン、レモン

(2)免疫力を高める食品(安保徹・杉本恵子、免疫力を10倍高める食べ方、永岡書店)
 6つの食品グループ
①植物性食品
 ゴマ、ブロッコリー、カボチャ、タマネギ、ゴボウ、サツマイモ、バナナ
②発酵食品
 納豆、チーズ、漬物、味噌
③食物繊維が多い食品
 キノコ類、海藻類、穀物、柿、ゴボウ、バナナ
④全体食品
  小豆、大豆、玄米、小エビ類、サヤエンドウ、小魚類
⑤排せる反射食品
 梅干し、ピーマン、セロリ、ゴーヤ、長ネギ、かいわれ大根
⑥体を温める食品
里芋、ニンニク、ショウガ、ニンジン、大根、ニラ

(3)ボケずに健康長寿を楽しむコツ60、生田哲、角川書店から
①アルツハイマーにならない食べ物
・青魚
・カレー料理
・リンゴジュース
・野菜:トマト、ブロッコリー、カブ、キャベツ、コマツナ、ダイコン、ホーレンソー、かいわれ大根
・色フルーツ(ベリー類、プルン)
・卵と納豆
・アルコール適量
・クルミ・アーモンド
・お茶、
・葉酸、
・シナモン
・ナイアミン(玄米、マグロ、ホタテ、タラ、カキ、イカ、焼き豚
・地中海料理
・悪い脂肪を避ける
 マーガリン、マヨネーズ、ケーキ、クラッカー、ポテトチップ、
・タバコは悪

 食事以外でアルツハイマー対策として
②中程度の強度のエクササイズ
・ヨガ・エアロビクス、水泳、速歩、ジョギング、バイク、
・筋トレで脳を鍛える 握力、胸筋肉、腹筋、ベンチプレス、懸垂、腕立て、足の筋肉
③社交的になること
④十分な睡眠
があげられていました。
 これらを参考にしながら、料理基礎を学んでゆきたいと思います。

| | コメント (0)

2017年8月19日 (土)

2017年8月19日3・3ステージ抗老化、料理基礎

 人生第3期第2ステージ(3・2ステージと略称)の努力目標は抗老化です。内容は、
1)体力・筋力増強、健康維持、
2)ピアノ+ベース・弾き語りです。もう一つ加えます。
3)料理基礎です。

 なぜ料理基礎かというと、
・障害児教育の重要な領域であること、教育の基礎課題であること、老人教育にはさらに重要な課題であること。
・うまいものは最高の幸せを与えてくれること
・手・指・姿勢・5感・社会感覚のトレーニングであること
・病気には免疫力が重要であり、免疫力を高める料理が必須であること。
・血管障害ががん以上に恐ろしい病気であり、予防には食事がまず大切であること。
 今年2017年(74歳)後半は料理基礎に努力します。
 昨夜はチキンカレーでした。
 記録には時間も書くことにします。
 チキンは皮を取った方が良いのですね。
 今日の昼は、余ったカレーをスパゲッティに載せて食べたのですが、うどんの方が合いますね。

 料理基礎、心がけの第一として「添加物を控える」、これをあげておきます。
 第2に、「外食を控える」をあげます。お金がないことと添加物が多いためです。
 
   料理の他にも、「農作業基礎」、「戦後論・被マインドコントロール論」の課題がありますが、これはぼちぼち続けることにします。
 好きな本を読むことは結構な時間、暇つぶししていますが、抗老化活動としての「読書」も活動項目としておきます。次の本を読みました。
 三浦雄一郎の「冒険家 75歳エベレスト挑戦記」、実業之日本社、2008の中古本なのですが、氏のサインと「夢を持つこと、諦めないこと」の文字が書かれてあります。おまじないにします。
 「高く遠い夢 ふたたび」、双葉者、2013、これは80歳エベレスト登頂記です。
  三浦氏をいつも抗老活動の模範としています。

 抗老化のおまじないは 「夢を持つこと、諦めないこと」とします。

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

2017年8月15日太平洋戦争敗戦の日

 今日は太平洋戦争の敗戦の日です。
 
 戦争は絶対にいけない、とう声に溢れています。それはそのとおりです。
  でも、どこか気にいらないところがあります。
 
 なぜ大東亜戦争に至ったのか、せざるを得なかったのか。
 日本は開戦をしないように米国に交渉を続けて、得た回答が「ハルノート」でした。
  パール判事はハルノートのような文書をを受けとったならモナコ公国のような弱小国家でも戦争をしたであろうといってます。
  パール判事は日本無罪論を展開しています。

 戦争が良くないというなら、大東亜戦争が何故起こったのか、まず解明する必要があります。
 平和のためには、戦争の起こるメカニズムを知る必要があります。

 平和憲法があれば、戦争をしないですむと、まさか思ってらっしゃるのではないでしょうね。

 

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

2017年8月11日あまりに野党が足りなさすぎる

 今日のMSNニュースの見出しに、「【閉会中審査】北の脅威はどこ吹く風… ミサイルよりも「日報」「加計」か」、として延々と続く民進党の質問ぶりを揶揄していました。
 民進党の姿勢が全く分かりません。とうよりも、この国際情勢の中で、一番重要な国防問題を質疑しなくてどうするんだと思います。
 民進党はとっくに終わっています。

 延々と報道するメディアも民進党と同じです。とっくに終わっています。
 私は、北朝鮮と米国は一戦に及ぶと思います。
 日本も何らかの戦争参加がありえます。日本の上空を弾道ミサイルを自由に飛ばせてはいけません。もし、グアムの近くに弾道ミサイルを飛ばすので許してほしい、金正恩がいってきても、許しませんと言うべきです。当然です。もし飛ばすなら打ち落としますと言うべきです。
 もしミサイルが日本上空に向かったら、打ち落とさねばなりません。もし打ち落とせないようなら、自衛隊をの存在価値はありません。いくらでも打ち落としますし、ミサイルを撃ち返しますと言わねばなりません。まっとうな野党なら安倍首相にもっと自衛隊を充実させろと言うべきです。自衛隊が生ぬ過ぎるというべきです。それが国を守るということでしょう。
 いま、ドローンによってウクライナの弾薬庫が爆破されたという記事を見ました。
 ドローンで原発を破壊するという脅迫が出来ます。
 野党なら、そのために対応は出来ているのか位の質問をすべきです。
 今の国際情勢は恐ろしく緊張しています。
 盛りそばとかけそば、どちらがうまい、などと言っている暇はないと思います。
 万が一のことがあったとき、今の野党の責任は大きいです。
 相当の難民が出る可能性も大です。難民は受け入れるべきではないです。早急に元の国にお返しする体制を整えなければなりません。
 この情勢下に、野党のなすべきことは何でしょう。
 憲法改正し、軍備体制を整え、日本に被害が及ばないことに全力を向けることです。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

2017年8月9日孫達と黒岳登山

昨8日夜、東京から娘と孫3人来訪、9日、黒岳に行ってきました。
0650 愛山発
0800 層雲峡ロープウェイ発
0810 黒岳ロープウェイ着
0840 リフト終点発
1000 9合目
1040 黒岳頂上
1110 黒岳頂上発
1145 9合目
1300 リフト終点着
1325 黒岳ロープウェイ駅着
1340 黒岳ロープウェイ発
1350 層雲峡ロープウェイ駅着
1540 温泉に入って愛山着

 一番小さな孫は3歳と7ヶ月。元気に登頂。なかなかの脚力でした。お兄ちゃん達は余裕の登頂でした。
 今日は帯広からの子ども一行が登っていました。
 息子は、3歳の時に旭岳、5歳の時に富良野岳に登っています。中学校までにトムラウシ、オプタテシケ、十勝、ニペソツ、ウペペサンケ、日高幌尻、トッタベツ岳など、山好きの親に連れられて行っています。
 旭川の子は旭岳には登っている子が多いです。
 愛山の子ども達は以前、黒岳から白雲、永山岳に登ったそうです。高田さんを始め、地域の方々で、子ども達を山に連れて行ったそうです。素晴らしい地域教育だったと思います。

| | コメント (0)

2017年8月 5日 (土)

2017年8月5日、北朝鮮と米国、憲法

 秋の気配と申しましたが、8月上旬は夏草の茂るときで、激しくというにふさわしいほど雑草が伸びています。全く油断できません。
 昨日は月2回のピアノレッスンの日で旭川に出ました。ますますピアノが楽しくなっています。練習時間も長くなっています。夏の忙しい時期にどうしましょう。雑草に負けます。
 今朝は久しぶりの雨です。

 私は登山が好きです。いつも遭難という最悪の事態を想定して、準備します。
 国にしても同じじゃないでしょうか。国際情勢を十分に分析して、最悪の事態を想定して対処すべきです。
 今、最悪の国際的事態は、北朝鮮と米国の戦争であり、その戦争に巻き込まれることです。双方が核を持っています。
 当事国は、北朝鮮と米国です。
 米国では民主党で50%以上、共和党で70%以上だかが、北朝鮮攻撃支持となっているらしいので、パールハーバーよりも危険な米国内情勢です。
 開戦となれば日本にもミサイルの来る恐れがあります。
 北朝鮮も危険ですが、日本にとって一番危険な国は、中国です。
 中国が一番恐れている国は、米国です。中国としては、米国が北朝鮮と戦争になり、国力を落としてくれれば一番、利を得ます。
 米国の弱体化によって、中国の対日圧力はご猛烈に高くなり、尖閣占領は即行われ、沖縄への圧力が強くなるでしょう。
 
 こんな情勢で平和憲法が持つ意味があるのかどうか。常識的には、全く意味を成さないでしょう。
 北朝鮮は巨大米国を脅迫しているのです。平和憲法をお持ちの日本様には仲良くしますと言ってくれるのでしょうか。
 国民はこの国際情勢を深く理解し分析しなければなりません。このキリギリスでさえ一所懸命考えています。
 開戦前夜ぐらいに考えていいと思います。
 なのに、マスメディアは森加計問題批判、安倍首相批判です。
  数年前には、日本は終わった、第2次敗戦を迎えたと言っていました。とっくに終わっていると思っていたのですが、忘れていました。
 マスメディアと、アホ面下げてみている国民、私もその一人、この自覚が必要です。
 中国は、尖閣は中国のものと宣言しています。沖縄も中国のものと言いはじめています。
 台湾は中国のものと言っています。米国の守りがなくなれば、台湾にも侵攻するでしょう。
 安倍首相支持率の低下の一番の理由は、森加計問題ではなく、憲法改正への反対だと思います。
 私は憲法は出来るだけ早く改正すべきだと思います。自主自立の国を目指すべきと思います。

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

2017年8月1日、敗戦の月初めに思う

 いよいよ8月。本州はまだ暑いようですが、愛山の地はすでに秋風と感じます。

 季節は秋から冬へ、体は冬の体へ急降下です。冬に耐えられる体作り体制を早急に整える必要があります。

 我が体だけでなく、日本を取り巻く情勢も風雲急を告げていると感じます。
 敗戦の月、8月です。

 このキリギリス、10年か15年前まで、護憲、反米左翼的だったと思います。今や、日米安保必須、憲法改正、安倍首相擁護派に変わっています。さらに、対中関係はすでに静かな戦争関係と言っていいらしいこと、日韓関係については、国際条約を守る国ではないので、出来るだけ関係を持たないようにすべしの認識です。
 日米安保なければ、中国は尖閣は勿論、沖縄も取るでしょう。
 日米安保を維持するためには、現実的に平和憲法という代物では対等につきあえないでしょう。私は、アメリカ兵に戦わせて、自衛隊は戦争しません、などという日本に耐えられません。
 「平和憲法にノーベル賞を」などアホ・インテリの証明という提言です。恥ずかしながら私もアホ・インテリの片割れと自覚していますけれど。あれなんかまさに大雪の冬のお花畑です。
 また、北朝鮮、中国との関係では、日本も核武装すべきとさえ考え始めています。
 すでに、福島原爆で、原(子力発電所)爆(発)を自国に対して爆発させていますし、50近い原発をもっていて、いつでも不測の事故で爆発させることが出来るのですから。原発をミサイルから守る武装をしなければなりません。
 原発をテロリストから守る費用も電気代にいれなければなりません。自衛隊だけでなく、原発防衛隊も設置する必要があるでしょう。原発ミサイル防衛隊も。やれやれ、老人性痴呆がひどくなりつつあります。
 安倍首相を支持することの中に、テロ等防止法を成立させたことも支持の根拠です。防止法は必要です。

 メディアの森加計騒動を見ると、本当に国民がアホだなあと思って、負けずにアホをしようと思ってしまいます。
 アホ頭が感じることは、
・中国の経済、政治は破綻するだろう、そのまえに外国・日本に戦争を仕掛けるだろう、北朝鮮を手先として使うだろう。
・米国は国力を低下させていて、日本を守れないだろう。
・日本は尖閣は勿論、沖縄を取られるだろう。
・平和憲法擁護派は、沖縄を売るだろう。挑発的ですね。
・いつでも戦争してどこにも負けない軍隊を作って、いつでも受けて立つ、体制を作ってからならば、こちらから戦争しません、という平和憲法なら支持します。他の国の軍隊に守って貰う憲法なんて支持しません。
・あれだけの戦死者の上に生を受けている私ですから、同じような戦死の覚悟を持った上で、憲法を考えるのがいいと思います。


・マイケル・ピルズベリー著「China2049 秘密裏に遂行される『世界覇権100年戦略』」
・エドワード・ルトワック「中国4.0 暴発する中華帝国」
に加えて、
・ピーター・ナヴァロ著「英中もし戦わば 戦争の地政学」、赤根洋子訳、文藝春秋社、2016
かっての護憲左翼が上記3冊を読んで、大変わりです。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »