« 2017年6月2日、我が田の田植えを終わりました。 | トップページ | 2017年6月17日老化状況、近況 »

2017年6月 5日 (月)

2017年6月5日ヘンリー・ストークス、連合国戦勝史観の虚妄

 2日続いた寒い雨模様、札幌ではリラ冷えと言いましたか。
 今日は最高の日です。
 残雪の大雪、苗の植わった水たわわの田、水たわわとは言いませんか、水に溢れていてたわわに実るような水なのです。
 空と苗の青が光っています。

 5日間出来なかったピアノ練習、6月3日1時間、4日2時間20分、練習再開です。やる気満々ですが、右手首腱鞘炎注意です。
 田の見回り、畑仕事、庭仕事、納屋、機械、薪、何割出来るか。
 それに、自分のマインドコントロール検証も続けねばなりません。

 昨夜、元気が出ないので、軍艦マーチをYoutubeで、聞いてみました。軍艦マーチは最高のマーチです。パチンコ屋でやってるやつです。こいつを聞くと自分が愛国者であると実感します。ワクワクします。
 「海ゆかば」がありましたの聞いてみました。準国歌とも言われています。
 好きですね。見ていると涙がでてきました。
 というわけでかっての護憲左翼が完全に右翼化しています。(私のことです)

 今日の読書報告です。簡単に。
 ヘンリー・S・ストークス、「英国人記者が見た連合国先勝史観の虚妄」祥伝社、2013。
・大東亜戦争は、日本の自衛のための戦いだった。それは戦後マッカーサーがアメリカに戻って議会で証言した「マッカーサー証言によっても明らかだ。
・性奴隷としての慰安婦はいなかった。売春婦がいただけである。
・「南京大虐殺」にしても信用できる証言は何一つとしてなく、そればかりか中国人が外国人記者や企業人を使って世界に発信した謀略宣伝であることが明らかになっている。蒋介石も毛沢東も否定した「南京大虐殺」。情報戦争におけ「慰安婦問題」については、論ずるにも値しない。

|

« 2017年6月2日、我が田の田植えを終わりました。 | トップページ | 2017年6月17日老化状況、近況 »

愛国クラブ・戦後反省・彼ら一派」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2017年6月2日、我が田の田植えを終わりました。 | トップページ | 2017年6月17日老化状況、近況 »