« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の9件の記事

2017年4月30日 (日)

2017年4月30日人生第3期第2ステージ、反省と展望

  2017年4月30日、あっという間の4月も終わりです。
  2008年3月に教育公務員を定年退職しまして、私の人生第3期が始まりました。夢見たことは、今生がダメなら来世があるさ的な夢が入っています。
1.シュタイナー的農業をやってみたい。
2.今生は無理にしても、来世目指して、シュタイナー的農業をベースに障害者も老人もともに生活する共同体をつくりたい。
3.音楽をしたい
4.山登りも続けたい
5.料理家事技術を身につけたい。

 などの夢を持っていました。
 シュタイナー農業については少し勉強したのですが、内容が難しく、かつヨーロッパの牧畜的農業中心のようで、米作には直接的には、役に立つものではありませんでした。
 だいたい、農業も経験ないものが、農業をやろうというのですから、早々の挫折が目に見えていました。少なくとも、まず日本の米作を勉強しなさいということと、多分、江戸時代の米作りが模範になるのではないかという考え方も伺って、そうだろうなあと思いました。そうそうにシュタイナー農業は無理と諦めました。出口王仁三郎が農業をなさっていたので、彼から学ぶこともあるだろうとは思いました。どういうわけか、出口王仁三郎話に麻生労
 共同体作りの方は、これまた、先の先の話になってしまいました。

 それに興味が多すぎて、こりゃあとても夢は叶わない無理だとなりました。
 そこでシュタイナーの看板はそうそうに下ろし、夏遊んで冬に薪割りするキリギリス農場となったわけです。

 10年目の今年、なにか新しいことをやるにはひどく老化していて、昨年あたりから人生第3期第2ステージと名付けました。すなわち、如何に老いて、いや老化に抵抗し、死を迎え、来世の準備をするかという時期です。

 来世があるかどうか、本当のところは分かりませんが、私にとってあるほうが都合がよろしいので、あることにしています。

 今残っている課題との一つが、料理家事をするとです。男も料理家事をすると女性と同じくらい、85歳まで生きるという仮説を立てておりまして、この仮説の証明例の一つになるかどうか、実験しています。うまくなりたいです。

 ただ、緑内障は料理したら直ると言うことは聞いたことがありませんので、目は悪くなるかもしれません。

 音楽はさらに頑張ります。札幌の古稀仲間が3年早くから始めており、その上、熱心さ、練習量が上で、追いつけません。

 山も体力つけて頑張ります。

 もう一つ、事実を知ること。私の歴史はマインドコントロールされた歴史です。
 すこしでも事実を知り、マインドコントロール状況を解きたいと思っています。
 今、渡部昇一の「朝日新聞と私の40年戦争」PHP2015を読んでいます。面白いですし、事実が書かれています。
 もう一つ、ヘンリー・ストークス、大東亜戦争は日本が勝った 英国人ジャーナリスト ヘンリー・ストークスが語る「世界の中の日本」、ハート出版、2017を読んでいます。 私のマインドコントロール状況を解いてくれる本です。

| | コメント (0)

2017年4月27日 (木)

2017年ⅳ月27日、播種作業、ハウスでマットの水まき

 ここ何日か4月24日、昨26日今日2日と高田さんの播種作業を手伝ってきました。
  今日はハウスにおいたマットの水まき作業をしたのですが、実はこれ、私には相当難しかったです。
 隣でNさんが同じ作業をしていたのですが、私より早く確実なのです。
 同じ水やりでかくも差があるとは。ショックでした。
 思い知るのは、自分があまり、丁寧でもなく、手際よくも、要領良くも、ないことでした。とりいそぎ、メモしておきます。
 白鳥はまだ飛んでいます。

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

2017年7月25日、金正恩対トランプをどう見るか。

 2017年7月25日、金正恩対トランプをどう見るか。
 一応、日本は独立していて、自主的に国際情勢を考え対応すると考えます。
 最悪の事態を想定して、対応を考えておくべきと思います。
 北朝鮮と米国が戦争状態になったとします。
 同盟関係にある日米は可能な限り共同で参戦することになります。
 北朝鮮にしてみれば、日本は米国と同じ敵国となります。
 金正恩氏の身になって考えますと、日本に対しては一番安上がりの攻撃をするでしょう。 それは原発爆破です。東京に一番近いところに、ミサイル一発撃つか、ゲリラで小隊を送ればいいのです。

 だから言っているでしょう、平和憲法を守れ、再軍備反対(??これはないか?)などとお花畑の寝言を言うのではないと。
 自衛隊さんも、自衛隊は軍隊であり、安部首相の命令一下、死地に赴かねばならないことを自覚すべきであります。

 国民の一人として、70歳軍隊に入れという命令が来るかもしれません。
 年寄りよ、身体を鍛えておけ。
 だから、山登りは遊びではない。戦うために身体を鍛えるのです。
 過激派認知症進行中。

| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

2017年4月20日平成29年度十勝合宿

 今年の十勝合宿は、4月18日から2泊3日で4月20日を予定していました。
 ところが、18日に宿泊予定の白銀荘に向かっている途中、白銀荘から連絡があり、午前中から猛吹雪のために道路封鎖となるとのことで、札幌からの方々とも愛山のキリギリス農場(わが自宅)に泊まることとなりました。
 19日に午前7時頃、白銀荘から連絡が入り、通れるようになったとのことで、13名全員で白銀荘に向かい、11時前に白銀荘に入りました。
 体力に応じて、三段山頂上組と三段山下の方を巡る組に分かれて出かけました。
 頂上へ向かったパーティの記録
1145 白銀荘発
1520 三段山頂上
1640 白銀荘着
 女性3人65歳以上5人の8人。女性の二人はシール登行はほぼ初心者。
 雪はザラメの上に薄く湿った新雪、雪崩の気配は全くなし。三段の上段は距離感がほとんど見えない状態、中段でハイマツ、や灌木でやっと斜面をとらえることが出来る。スキーの底にシールの糊が少し残って雪がつき滑らない。途中でワックスを塗ってやっと滑るようになる。下段の雪は急に重くなる。
4月20日
1020 白銀荘発。白樺の木々に雪が付いて美しい。
 フキノトウは上の方は雪の下で、いいものが見つけられない。下の方でいくつか集めることが出来た。
 10回近く4月から5月連休の間に白銀荘に出かけましたが、道路が封鎖されたのは初めてでした。
 でも4月の十勝合宿は楽しいです。

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

2017年4月14日、一週間ぶりの旭川

 一週間ぶりに愛山から旭川市内にでかけました。石狩川を30分も下ると、田が乾き、田の土手に草の芽が、川の柳にかすかに緑が芽生えています。春が来ていました。
  白鳥が雪の消えた田のえさを追って、石狩川を上流に向かって上がっていて、今、中愛別の田にいました。
 Windouw 10の調子が悪く、困っています。試しに載せます。
この文章も夕方にはアップ出来なかったのですが、今、午後9時40分、アップしてみます。
 という風に、よく分かりませんので、急におのブログが休止することがあるかもしれません。必ずしも病気とかとは限りませんので、心配しないで下さい。

| | コメント (0)

2017年4月13日 (木)

2017年4月13日御田神社祭、米国Main Stream Mediaのあくどさ

 4月13日 御田神社祭
 今朝は真冬の雪景色でした。マイナス3℃。昨日は春の淡雪でしたが、今日は真冬。春の遅くまで降る雪の年は豊作という言葉があるそうです。でも異常な年になりな感覚はあって心構えはしたほうがいいです、
 寒い中での御田神社祭でした。外で準備してたのですが、あまりに雪は降りますし寒いのでコミュニティセンターの広間で行うことになりました。
 今年は農家の後を継ぐ新人の参加があり、みんな多いに元気づけられました。
 婦人部で用意して下さったご馳走をたらふく食べました。飲んだお酒の量は、以前より多いに減っているということでした。
 ご馳走様でした。

 久しぶりに山仲間の白髭さんと電話で話しました。毎週のように山に行ってらっしゃるとか。
 何回もいろいろのところの骨折を経験していて、肋骨も何本も折っていらっしゃいます。線数のニセイカウシュッペであばら骨を少し痛めたようなので教えて貰ったのですが、現状は大したことはないようでした。
 むしろこの行きで三段山の二段に上がるところの急斜面で雪崩が出ることがあるので注意した方がいいとのことでした。
 このブログも毎回読んで下さっているようで、感謝感謝です。どんどん文章力が下がっている自分を感じますし、低下がさらに続くでしょう。でも自分と社会との関係を感じるいい機会ですので、目が見えづらくなるまで続けたいと思っています。

 先日の名古屋国際女子マラソンで日本人トップの方がナンバで走っていました。整理してた文庫本、ナンバの本があって、再度なんばを勉強します。
 あばら骨を痛めて、朝の早歩きをサボっていたのですが、けさ、2kmゆっくりナンバで歩きました。再度ナンバを勉強し直します。

 よる8時からPride&Historyの無料webセミナー「米メディアの闇とトランプ政権の本質〜我々、日本人が知るべき米メディアの裏側〜」を視聴しました。
 トランプ大統領は米国内で内戦を戦っている、Main Stream Media という敵と。
 米国では主要メディアからひどい目に遭っているようです。トランプは米国マスメディアから、でっち上げ、うそ情報によってひどい目に遭っているようです。
 なんとなくトランプがヒラリーよりいいと思っていたのですが、正解のようです。
 アメリカのマスメディアは日本と同じく、あるいはそれ以上にあくどいようです。

| | コメント (0)

2017年4月12日 (水)

2017年4月12日、米朝戦争前夜

今朝の愛山は、0度、淡雪が降っています。
 次のニュースを見ると、米国ー北朝鮮まさに戦争前夜です。
 米国が爆撃し、北朝鮮が韓国と日本にミサイルを撃つのは、今日か明日かの事態です。

 2017/04/12 共同通信は、「北朝鮮の核・ミサイル問題を巡り、米政府が米中首脳会談を控えた4月上旬の日米高官協議で、中国の対応によっては北朝鮮への軍事攻撃に踏み切る可能性に言及していたことが11日、分かった。「ストライク(攻撃)」という表現を使い、この方針をトランプ米大統領が中国の習近平国家主席に伝達するとも説明した。複数の日米外交筋が明らかにした。日米で協力して中国に具体的行動を促す狙いがあるとみられる。
 日本政府は「攻撃に出れば、日本は韓国と共に標的にされかねない」(政府筋)と懸念を米側に既に伝えている。」

 msnニュースで、4月12日、
[ソウル 11日 ロイター] - 北朝鮮は、米国による先制攻撃の兆候があれば米国に核攻撃すると警告した。米原子力空母などが太平洋西部に向かっているが、北朝鮮の機関紙、労働新聞は、米国によるいかなる攻撃にも反撃する用意があると表明した。

 北朝鮮が日本を敵と見なしたとき、原子力発電所を爆破するのが一番手っ取り早いです。
 福島原爆の二の舞です。
 ひどいと思ったのは、昨日の朝と昼のNHKラジオトップニュースです。浅田真央の引退を6分以上流していました。このNHKのトップニュースの取り上げ方は、おめでたい日本の象徴です。まさに第2次敗戦の象徴です。
 安倍首相があれほどトランプさんとの同盟を喜んだのですから、戦争に協力せざるを得ないでしょう。
 確かに、平和憲法は戦争に協力しないという武器になります。
 が、協力しませんというなら、日米同盟はなくなります。第2次大戦時の孤立状態と同じになります。
 中国の思う壺です。尖閣は勿論、沖縄もとられましょう。
 となると、平和憲法を棚上げするしかないでしょう。

| | コメント (0)

2017年4月 9日 (日)

2017年4月9日ニセイカウシュッペへ

 昨日8日土曜日、はぶさんと高山ニセイノシキオマップ沢からニセイカウシュッペをめざしました。

0640 愛山発
0540 高山バス停発
0615 ニセイノシキオマップ渡河点
0830 台地上にあがる。雪が8年前2009年4月11日のこのブログ記録によると、「渡河点を右岸に渡り、左岸を」と記録しているが、これは「右岸を」の間違いです。「右岸をあがり、最終堰堤よりやや上流、送電線の下を急登する。」今回、台地へ上がったのは渡河点から300mくらい上流地点でした。8年前の記録では、さらに500mくらい上流でした。やれやれ、8年で思いっきり記憶が変化していました。
1130 標高尾根の西の沢1210当たりで休憩。はぶ氏一人で尾根まであがる。
1220 はぶ氏の帰着を待ってそこから引き返すことにしました。
1245 登った地点より500mあたり上手で雪の多そうな急斜面をスキーをつけて下る。3分の2ほど下った右から小さな沢形の入っているところで、ふるかわがスリップして10mほど雪のない沢に落下。ヘルメットが石に当たる音を聞き、残っていた雪の塊のなかで止まる。ヘルメットがないと大けがをした可能性大。もっと上流側を下りれば良かった。
1330 ニセイノシキオマップへ無事下りる。
1400 高山バス停着
1445 愛山着
 人様をお連れするのは、心配です。地図の読み方も危うくなっています。
 来春、もう一度高山経由でニセイカウシュッペに登りたいと新たな欲が出ています。
 来週、白銀荘から十勝岳に登りたいのですが、危なくないでしょうか。

 一昨日、永山図書館の駐車場いすず117クーペを見ました。何十年ぶりでした。もう一つ、スポーツタイプで気に入っていたのは、いすずベレットでした。いすず、良かったですね。

| | コメント (0)

2017年4月 2日 (日)

2017年4月2日黒岳今シーズン2回目

4月2日、日曜日晴れ
町内のHabuさんと黒岳に行ってきました。彼はスキーは一流です。
大雪、裏大雪、ニセイカウシュッペ、手塩、一望でした
0725 愛山発
0820 ロープウェイ乗り
0850 リフト乗り
0905 リフト終点初
1000 肩
1050 黒岳頂上
1115 頂上発、直下大斜面を肩の倍近くまで下り、トラバースしつつ、リフト南の沢に入り、リフトの終点近くに出る。同行者があるとこのルートを楽しめます。
1215 黒岳ロープウェイ着
1300 黒岳ロープウェイ発、夏道から下り始め、ロープウェイの下に出て、トラバースして夏道尾根に出て、夏道を下る。途中会話を楽しみゆっくり下る。
1450 層雲峡ロープウェイ着
1530 愛山着
 脚力が落ちていて、何回転んだか。
 頂上直下100mがシールのみでは難しいことを忘れている。シーアイゼンをつけるべきなのに。
 相当前からキックターンを途中に一回置かないと出来なくなっている。腹筋が落ちている。
 74歳の現実というべきか、トレーニング不足というべきか。
 来週、出来れば高山-ニセイカウシュッペ・ルートを往復したいと言い合ったのですが、天気が悪そうですね。

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »