« 2014年8月30日、北野幸伯「ロシア政治経済ジャーナル」 | トップページ | 2014年9月1日、コオロギ、オオタカ、鳥の知り合い »

2014年8月31日 (日)

2014年8月31日、夏の終わり

 今日で8月も終わりです。
  各地で大雨による土砂災害が激しかったです。
 愛山は今のところ稲作は順調のようです。

 個人的にはこの夏、7月末30日から8月1日まで、途中まででしたが十勝大雪縦走は、いい経験でした。疲労回復に3週間はかかりましたし、通風が左足薬指に出ました。下山時の生ビール4杯分が多すぎました。愛山神社の枝切りで久しぶりの漆かぶれになりました。目の周りのかぶれが長く尾を引き、これまた3週間はかかりました。しかし、大疲れでしたがすごく満足感があります。
 8月23日のトライアスロン(オリンピックディスタンス)も、中学生3年1人、高等養護1年、2年生一人ずつと一緒に走り、非常に充実したものでした。中高生、実にたくましく走りますね。結局私が一番どん尻でしたが、来年はトレーニングを重ね、水泳もしっかり学んで、4時間半、あわよくば4時間を切りたいと思います。

 6月28日のミッドサマーコンサートも充実していました。クリスマスコンサートへの意欲満々です。  こと、遊びに関しましてはこの夏、全く申し分なしでした。  来年はトレーニングを重ね、さらに充実したものにします。

 稲は、田の草取りが少し十分ではなく、8月下旬になってやっとヒエが目立たなくなりました。
 野菜がほとんで手がつけられなかったです。
 ハウスの修理もできずじまい。

 庭はやっと枝切りをしましたが、手入れはまだまだです。
 リンゴの木3本、5月には枯れるかと思ってましたら、3本とも枝をのばしています。
 梅の木も再度、1、2本植えたいと思っています。
 西洋ぐるみが大きくなりました。8年目の来年あたり実をつけてくれないものかと思います。

 鉄地河原さんに、「来年こそは」野菜をまじめに作りますと、来年百姓を申しました。
 8月までにするといっていた、薪作り、納屋の壁張り、屋根のペンキ塗りが、進んでいません。今日から3日間、あるいは1週間で納屋の壁張りをします。

 体の動き方が、年齢相応になってきている(ジジくさくなっているということ)のがシャクですが、草取り、薪割り、ほか力仕事をやれるだけの体力、筋力が増加しているといっておきます。

 国際関係が厳しくなっています。日本がかくもアホになっている状況についての理解が深まりました。さらにひどい状況になると思いますが、淡々と理解を深め、見ていきたいと思います。

  9月から、(1)体力作り(2015年の山行とトライアスロンのために)、(2)冬準備、納屋の整理・薪作り・稲刈り・ニンニク植え、(3)ピアノ に集中すること。

|

« 2014年8月30日、北野幸伯「ロシア政治経済ジャーナル」 | トップページ | 2014年9月1日、コオロギ、オオタカ、鳥の知り合い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014年8月30日、北野幸伯「ロシア政治経済ジャーナル」 | トップページ | 2014年9月1日、コオロギ、オオタカ、鳥の知り合い »