« 2012年11月6日、スズメ、くどいですが11月が好きです。 | トップページ | 2012年11月10日、小豆、大豆の脱穀 »

2012年11月 9日 (金)

2012年11月9日、愛と感謝

 白状するのが恐ろしいのですが、私は「愛する」という言葉がぴんと来ないのです。世界は愛を当然の如く語るのですが、私はずっとなじめないでいます。愛が一番大切だ、という言葉を聞きますと、その言葉にピンと来ない自分はどこかずれているのかな、と感じるのです。

 「惚れる」「好く」「いかれる」「参る」などという言葉は自然に受けとれます。が、「愛する」となると、感じられないのです。

 愛という言葉は、抽象語なのでしょうか。
 白川静の字通には、愛について(1)いつくしむ、心を残す、愛(かな)しと思う、あわれむ。(2)親しむ、情をかける。(3)めでる、愛好する。(4)おしむ。(5)ぼんやりした、不安定な、ほのかな感情をいう。とかかれてあり、どの言葉も良く分かりますし、共感できます。ですから、私、愛が分からないのではないようです。

 伊勢白山道さんは、感謝、ありがとうございます、が一番大事だとおっしゃっていて、私にはそこが救われるところです。「愛」が一番大切と言われると、私には分かりませんとといいそうです。どこかで愛が大事とおっしゃっているのかもしれませんが、なにより「感謝が大事」とおっしゃっています。
 太陽だって、お月さま、お星様だって、山々だって、空気、雨、空、雲、自然の全体、食べもの、自分の住む家、素直にありがとう御座いますといえます。神さまに、氏神様に、御先祖様に、両親に、子ども達に、ありがとうございます。歳のせいか、なんでもかんでもありがたいです。

 なんて有り難がりながら、小泉竹中、菅直人、野田佳彦にたいして、また、彼等一派の手先としてマインドコントロールに専心しているマスコミにたいして、怒り狂っています。感謝と怒りは共存しうるのでしょう。

|

« 2012年11月6日、スズメ、くどいですが11月が好きです。 | トップページ | 2012年11月10日、小豆、大豆の脱穀 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531953/56077693

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年11月9日、愛と感謝:

« 2012年11月6日、スズメ、くどいですが11月が好きです。 | トップページ | 2012年11月10日、小豆、大豆の脱穀 »