2017年6月20日 (火)

2017年6月20日、自分の愛国化、安倍首相擁護化に驚く

人生第三期第2ステージのテーマは、次の理解と対応です。
1,体と頭の老化
2,社会性(つきあいの仕方、マナー)の老化、自己中心化
3,人生観、社会観、歴史観、政治観、国際理解の変化、などがあります。

 今日のテーマは、私の「反米・護憲・左翼から、日米安保最重要視、平和憲法改正、愛国右翼」への変化、です。
 1,2,についてはある程度、呆け老化が予想できるのですが、3の私自身の歴史観、政治観、国際理解などが激変してきて、我ながら驚いています。大丈夫かいなあ、とさえ思います。これまで余りに勉強しなかったせいだと思うのですが、恥をさらしながら自分の変わり方を白状してゆきます。
 まず、かっての反米護憲左翼から、日米安保最重要、平和憲法改正、愛国右翼風に変化し、安倍晋三首相のことなど、あんまり悪くないと思っています。安倍首相批判を聞くと、ついこの間まで自分もそうだったのになあと、自分の変わりように驚きます。
 この変化は60歳以降というか、退職後やや時間的に、社会的に、自由になってからです。現職時代には、とにかく自由に考え、本を読む時間がなかった。
 私は自分のことを余り信用していません。自分のことをマインドコントロールされて育った人間と思っています。

   安倍首相も取り巻きも少々足りない人が多いですが、なんと野党がまた数倍輪をかけて足りないですね。国会で議論する内容ではないです。
  中国との関係では、米国が日本と距離を置いたとたん、尖閣に武装漁船民が上陸し、占拠し、軍事施設を作ります。だから早急に憲法改正すべきです。
 韓国は中国あるいは北朝鮮に支配されますのでその準備をすべきです。
  だから、平和憲法などとお花畑を言うのではないのです。

 私は日本が東南アジアを植民地支配をしたとは思わなくなっています。このあたりもっと勉強しなければなりません。

 だいたい、私の名前からして、八紘一宇の由来を持つ名です。
 中学校の先生が私の名前は、宇宙で一人という良い名だといってくださったのですが、あれは八紘一宇の由来を知ったうえで、平和憲法の下では宇宙一という戦後風の名として、慰めて下さったのではないかと思っています。今は、私は八紘一宇で良かったと思います。そうですよね、宇八さん、宇一郎さん、紘一さん、紘八さん…。
 War Guilt Information Program によるマインドコントロールと思えますので、おいおい勉強します。
 貿易センタービル事件など日本人の9割がマインドコントロールされていると思います。この間の英国マンション火災、まる1日以上燃えていながら、崩落せず。骨格が残りました。貿易センターは火災による崩壊ではなく、爆破による崩落であることが証明されることになったと想いました。
(つづき)

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

2017年6月19日老人会草刈り、三の沼登山

6月18日日曜日

8時半から9時半まで、老人会で例年やっているコミュニティセンターの草刈りがありました。
 
終わってから、3日前に山髭さんからお誘い頂いていた、「三の沼」に出かけました。体力・脚力に不安はあったのですが女性も来られるとのことだったので出かけました。
 
1015 愛山発
1045 愛山渓着
1055 愛山渓発
1135 登山口発
1215 昼食(~1230)
1305 湿地肩
1320 三の沼(~1340)
1400 湿地肩
1500 登山口、途中笹の子取り
1550 愛山渓着
1630 愛山着
 
 三の沼は山髭さん、トップ推薦の地で、そのとおりの山でした。私が場所を良く聞かないで行って、たどり着けなかったところです。一緒に行った函館のK氏には悪いことをしました。ブッシュにめがねを取られたり。
 山髭さんがご自分で荒れ果てたブッシュを刈っていらっしゃいました。それほど身を入れて大切にしていらっしゃる山です。
 革靴は重すぎるかもしれないと思ったのですが、実は下り初めて足がひきつり始め、なんとか愛山渓まで降りれましたが、車の中で完全にひきつり、愛山について裸足のまま地面に下りざるを得ませんでした。靴は湿地でもあるし、優しくもあり、長靴が正解のようでした。樺の新芽が実に綺麗でした。「春こうよう」という言葉も教えて頂きました。白樺、桂など緑になる前の赤い新芽のことらしいのです。実に言い得て妙なる言葉です。
 笹の子、フキ、他にも沢山の山菜を少しずつ摘んできました。
 
 山髭さん、実に沢山のことを教えて頂きありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

2017年6月17日老化状況、近況

 6月5日の投稿以来、ご無沙汰しました。

 耕していなかった畑を起こして、非常に遅まきのジャガイモを植えたり、ハウス跡にトマト4本他の苗を植えたり、タンポポを刈り払機で刈ったり、頂いた薪を運んだりしていました。
 昨年73歳で70歳代の疲れを実感したのですが、今年74歳で、昨年以上の疲れ斜度を実感しています。この勢いですと、来年75歳でさらに疲れ斜度がきつくなると言うことです。ン第9番、「ジャジャジャジャーン」。
 昨年、この老化状態を人生第3期第2ステージと名付けました。
 昨年よりさらにひどい疲れ方が、田植え時、夜中の強烈なこむら返りをです。ふくらはぎではなく、太ももの感じでした。
 夕食後の疲れがひどくて、後片付けに立ち上がるのに2時間かかります。
 さらに午後の仕事が終わって食卓前の椅子に座ると動けなくなるのです。これまた今年初めてです。
 3区のSさんが昨年よりさらに疲れがひどくなると言われましたが、まさにその通り。S夫人が夕食前に座ると動けなくなるので、座らないようにしていると言われましたが、まさにその通りでした。
 これが人生第3期第2ステージ(Ⅲ2の段)の疲れの進行です。
 指先も動かなくなっています。シャツのボタンが入れづらい。
 太ももが細くなっています。
 頭の方は、すぐ忘れる。先夜に確認したのに朝になると忘れている。判断力が悪くなる。
 社会的能力でも、つきあいの配慮がいい加減になり、どうも失礼しているらしい感じがある、など。

 それと政治、社会政治判断力が、私の場合、右翼化してきている。愛国化しています。
 先に申しましたように、「海ゆかば」など涙しながら見聞きしている。戦争を絶対にしないという政治をすべきだし、戦争をしない意識は持つべきだが、戦争を仕掛けられたなら徹底的にやっつける武力を持ち、戦争を仕掛けられないだけの情報収集能力と外交力をもつべきだと思う。平和憲法が戦争をしないことに役立つのならいいけれど、そうはならない。平和憲法は、尖閣諸島を中国に提供し、沖縄を中国に与えることに役立つものになると思う、とまあこのような老化ぶりなのです。
 この夏には友人と徹底的に議論しようと思っています。
 学生時代から50歳頃までは、護憲左翼でした。現職時代は仕事が忙しくて、ゆっくり考える暇がありませんでした。考える暇をなくしているのが、世界支配者のやりかたでしょう。退職後です、どんどん変化したのは。
 当分、私の右翼化について議論を続けたいと思っています。

 一番大事にすることは音楽の練習。
 ピアノの方も、指力、音符記憶力、が低下していくなかで、練習を重ねて出来ることを増やさねばなりません。
 6月17日 町内会古紙収集作業
 6月16日  午後、頂いた薪運び
 6月15日 午後、頂いた薪運び、
 6月14日  午後、頂いた薪運び
  6月13日 田の土手刈り
 6月12日 午後あぜ草刈り、ハウス起こし。
 6月11日  午前、水道タンク掃除、午後、塩狩、横浜先生対談
 6月10日 疲れてぐったり
  6月9日   旭川であちこち、ピアノレッスン
  6月8日 田、アゼ刈り、ジャガイモ植え

テロ法、英国のマンション火災、本、いろいろ書きたいことがあります。

| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

2017年6月5日ヘンリー・ストークス、連合国戦勝史観の虚妄

 2日続いた寒い雨模様、札幌ではリラ冷えと言いましたか。
 今日は最高の日です。
 残雪の大雪、苗の植わった水たわわの田、水たわわとは言いませんか、水に溢れていてたわわに実るような水なのです。
 空と苗の青が光っています。

 5日間出来なかったピアノ練習、6月3日1時間、4日2時間20分、練習再開です。やる気満々ですが、右手首腱鞘炎注意です。
 田の見回り、畑仕事、庭仕事、納屋、機械、薪、何割出来るか。
 それに、自分のマインドコントロール検証も続けねばなりません。

 昨夜、元気が出ないので、軍艦マーチをYoutubeで、聞いてみました。軍艦マーチは最高のマーチです。パチンコ屋でやってるやつです。こいつを聞くと自分が愛国者であると実感します。ワクワクします。
 「海ゆかば」がありましたの聞いてみました。準国歌とも言われています。
 好きですね。見ていると涙がでてきました。
 というわけでかっての護憲左翼が完全に右翼化しています。(私のことです)

 今日の読書報告です。簡単に。
 ヘンリー・S・ストークス、「英国人記者が見た連合国先勝史観の虚妄」祥伝社、2013。
・大東亜戦争は、日本の自衛のための戦いだった。それは戦後マッカーサーがアメリカに戻って議会で証言した「マッカーサー証言によっても明らかだ。
・性奴隷としての慰安婦はいなかった。売春婦がいただけである。
・「南京大虐殺」にしても信用できる証言は何一つとしてなく、そればかりか中国人が外国人記者や企業人を使って世界に発信した謀略宣伝であることが明らかになっている。蒋介石も毛沢東も否定した「南京大虐殺」。情報戦争におけ「慰安婦問題」については、論ずるにも値しない。

| | コメント (0)

2017年6月 4日 (日)

2017年6月2日、我が田の田植えを終わりました。

   我が田の田植えが6月2日(金曜日)に終わりました。

   疲れ切りました。
  1日の午後から雨の中を試運転したのですが、田植機のエンジンがかかったものの、4条植えの左半分が田植えマットが入らないで、田植機の右半分のみで植えました。
  北側のあぜ沿いから細長く西の方へ2条植え向こう側に行って、こんどは南側沿いに2列植え、8列ずつ植えたところで、ガソリンが切れたというお粗末。家に取りに帰って、ガソリンを補給して、余りに寒くなって、3角の余白部分を残して帰宅。震え上がって、風呂に入って一息。
 思い出したのは田植機が去年も動かなくて、高田さんになおして貰ったのでした。ことしは、半分でやってしまいました。
 9分近く植え終えて、ほっと一息。
 今年は代掻きを高田さんがキャタピラーの幅広いトラクターで仕上げしてくださって、非常に整いました。昨年自分のトラクターでやったのとは大違いです。綺麗に植わっていきます。それに4月の荒起こしの時には若師匠が起こしてくださいました。

 苗の並びは見事な湾曲でした。これほど曲がりくねった並びは見たことがありません。
 6月2日、旭川のNさんが9時前に来てくださって、ほぼ午前中に終わりました。
 
 結局真ん中は機械で植えることが出来ず、Nさんと手で植えました。
 午前を過ぎて少しで田植えは終わりました。
  非常に助かりました。ほんとうに。

 終わって共和温泉に行き風呂に入り、キムチどんぶりを食べました。
 実は疲れ果てていました。
 
 去年は6月4日に終わっています。
 やはり疲れ果てていました。
 さらに疲れはひどくなっています。
 今年は31日、高田さんの手伝いで、若い衆と張り合って軽トラックで苗運びをしたのですが、やはり疲れ果て、夜中に猛烈な右太もものひきつりと痛みがおきました。これまでの何十年にもなかった痛みでした。参った参ったでした。この痛みは少し恐怖です。
やはり歳ですね。

 年とともに動作が遅くなって来るのが分かります。気安く倒れるようにもなっています。

| | コメント (0)

«2017年5月25日田植えの手伝い